「2020年の家」

スタッフブログ

トップページ > よくわかるお家講座

「2020年の家」

Date:2016年9月1日 / Category:よくわかるお家講座コラム

皆様、こんにちは。広報の服部です。

突然ですが、2020年といえば「東京オリンピック」の年ですよね。

では、その東京オリンピックがある、2020年に「家」はどうなっているのか?ということについてお話ししたいと思います。


昨今、コンピューターなどのITのテクノロジーの進化が著しいですよね。

数十年前は大規模な設備を必要としたコンピューターも、今や手のひらにおさまるスマートフォンへと進化を遂げました。

「家」も、その歴史をさかのぼると様々な「進化」を遂げてきました。

日本では「在来軸組工法」という工法が主流でしたが、20世紀後半になると「2×4工法」が国外より入ってきて、今では主要な工法として

広く知られています。

もちろん「家」に関連する各種設備も、格段に進化してきました。

「太陽光パネル」もその一つです。

住宅用の太陽光パネルは、1993年ごろより導入されましたが、当時は非常に高価なもので、とても一般の家庭が導入できるようなものでは

ありませんでした。

その後2008年ごろになると、価格が安定していき、現在では太陽光パネルを住宅に導入するのはもはや一般的なこととなっています。

では、これらを踏まえて、「2020年」の「家」はどのようなものとなっているのでしょうか。

その答えの一つが

ゼロエネルギーハウス=ZEH

 

です。

私達は普段生活している中で、様々なエネルギーを消費していますよね。

それは住宅においても同様です。

この「ゼロエネルギーハウス」とは、「一次消費エネルギー」を賞味ゼロ以下にするという家のことをいいます。

ではどうやってエネルギーを「ゼロ」にするのか。

それは、エネルギーを創り出す「創エネ」と、エネルギーの消費量をおさえる「省エネ」の二つによって、使用するエネルギーを相殺すること

により可能にします。

もっとわかりやすい例えにしますと、食物の自給自足を、エネルギーの自給自足に置き換えると、理解しやすいとおもいます。

エネルギーを創りだすためには、「太陽光パネル」によるエネルギーの発電。

エネルギーの消費量を抑える為には、窓や断熱など家の構造を計算をし、グレードの高いものとします。

これらが揃って、2020年の家=「ゼロエネルギーハウス」が実現するわけです。

この「ゼロエネルギーハウス」は、家のランニングコストを縮小し、環境にも優しい家です。

「ゼロエネルギーハウス」、良さそうではあるけれど、きっとすごく高いんじゃないかと思われることと思います。

たしかに、大手ハウスメーカーなどで「ゼロエネルギーハウス」を建てようとすると、結構なお値段がします。

しかし、ビルドアートは違います。

ビルドアートでは「ゼロエネルギーハウス」を、大手ハウスメーカーより圧倒的にお安く建てることができます。

もし、「ゼロエネルギーハウス」にご興味がございましたら、是非一度、お話だけでも良いので、どうぞ遠慮なさらず、資料請求やお電話でお

問い合わせください。


家づくりについて相談したい!だけでも大歓迎ですので、お気軽に資料請求、お電話お待ちしております!


Tel:042-705-8011

資料請求はこちらから



また、ビルドアートではSUUMOにも情報が盛りだくさんです。是非ご覧ください!

SUUMO

ビルドアートの標準仕様その①「Low-E複層ガラス」

Date:2016年8月23日 / Category:よくわかるお家講座コラム

皆様こんにちは。昨日は台風が本当に猛威を振るっていましたね。台風一過でとても暑いですが、本日もお付き合いくださいませ。

さて、本日から弊社ビルドアートの家の「標準仕様」どんな設備を使っているかのご紹介をさせていただきたいと思います。

本日ご紹介するのは「窓」についてです。

ビルドアートの窓は、


YKKAPの「Low-E複層ガラス」を標準で使用します。



「窓」は、家の断熱性において、非常に重要な部分となってきます。

窓は様々な役割を担っています。

その一つが「断熱」になります。

「Low-E複総ガラス」は、通常のガラスと違い、目視ができないくらい小さな金属膜が室外側の窓についています。

この「金属膜」が、太陽からの日射を大幅にカットして熱の流入、流出を防ぐ役割をします。

私も実際にYKKAPのショールームに行ってきたのですが、窓が違うだけでここまで暖かさや涼しさが違うものなのだと体験してきました。

ビルドアートの標準仕様の紹介は、今後も行っていきますので、ぜひご覧いただけると幸いです。


家づくりについて相談したい!だけでも大歓迎ですので、お気軽に資料請求、お電話お待ちしております!

Tel:042-705-8011

資料請求はこちらから



また、ビルドアートではSUUMOにも情報が盛りだくさんです。是非ご覧ください!

SUUMO

2×4工法(ツーバイフォー工法)ってなに?

Date:2016年8月22日 / Category:よくわかるお家講座

皆様、こんにちは! 設計部のAです!

今日は台風が関東にも上陸するとの事で、外はものすごい雨が降っていますね・・・
皆様、十分お気をつけくださいね!!

弊社ビルドアートも得意な「2×4工法」についてご存知でしょうか?

「2×4工法」は皆様一度は聞いたことあるんではないでしょうか。


「2×4工法」とは?



「2×4工法」のは19世紀末の北米で誕生した工法です。

当時の北米では、家づくりを行う際は、様々な地域で独自の方法で行われていました。家を作る時は町のみんなで作る!それが当時の風習でした。

しかし、町が大きくなるにつれて色々な町の工法が混在し、また、原材料やクギの大きさもバラバラだったので、効率的な家づくりはできないものかと当時の人々は考えました。

そこで、「原材料の規格や、クギの長さや用途が統一されれば、効率的になるんじゃないか!」という発想にいきつきます。

そんな経緯で生まれたのが「2×4工法」です。この2×4工法という名前は、2インチ×4インチの材料を用いることに由来します。

この工法のメリットは、
  • 地震に強い
  • 断熱性能に優れる
  • 工期が短い
  • 防音性に優れる
  • 防火性に優れる
などなど多岐にわたって存在します。

これらは、在来工法が「線」と「点」で組み立てられているのに対し、「面」で組み立てられていることによります。

このように「2×4工法」はメリットがたくさんある工法なんです!


家づくりについて相談したい!だけでも大歓迎ですので、お気軽に資料請求、お電話お待ちしております!

Tel:042-705-8011

資料請求はこちらから



また、ビルドアートではSUUMOにも情報が盛りだくさんです。是非ご覧ください!

SUUMO

作業現場のご紹介2

Date:2016年8月21日 / Category:よくわかるお家講座コラム

皆様、こんにちは。今日も本当に暑いですね。明日は台風が上陸するとのことですので、皆様もお気をつけになって下さい。

さて、今回も先日に続き作業現場のご紹介です。

普段何気なく町を歩いていたり車に乗っていると、工事をしている場所があると思います。そんな工事の現場で何をやっているのかぜひ、ご覧ください。

まずは「基礎」の写真です。


unnamed

「基礎」は住宅を支える重要な箇所です。ここで問題が起こると、家自体にも影響が出ます。
ですので、この「基礎工事」は非常に重要な工程なのです。

次にご覧いただくのが家の「枠組み」の写真です。弊社は2×4工法を得意としますが、もちろん在来工法も同様に得意です。


001 (1)

まるで積み木みたいでおもしろいですよね。

いかがでしたでしょうか。今後もこういった作業現場の説明を行いますので、建築の様子をビジュアルで見て頂ければと思います。


家づくりについて相談したい!だけでも大歓迎ですので、お気軽に資料請求、お電話お待ちしております!

Tel:042-705-8011

資料請求はこちらから



また、ビルドアートではSUUMOにも情報が盛りだくさんです。是非ご覧ください!

SUUMO

作業現場のご紹介

Date:2016年8月18日 / Category:よくわかるお家講座コラム

皆様、こんにちは。暑い日が毎日続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

本日は、ビルドアートで建てさせていただいている現場の様子をご紹介いたします。

今回は住宅の「断熱工事」の様子をご覧ください。

ビルドアートでは、断熱材に「発泡ウレタン」を使用しています。

発泡ウレタンは安価なグラスウールに比べて、その断熱性能に定評があります。

ビルドアートではこの「発泡ウレタン」を標準仕様としております。

発泡ウレタンを吹付している様子です。このような防護服を着て作業を行います。

発泡ウレタン①
吹付けした発泡ウレタンはこのように発泡スチロールのように壁の隙間を残さず埋め尽くします。R字の部分などもカバーします。

発泡ウレタン②
最後に余分な部分をそぎ落とし、作業は完了します。

発泡ウレタン③
家の内部の構造はこのようになっているんです。


また、ビルドアートではSUUMOにも情報が盛りだくさんです。是非ご覧ください!

SUUMO

ウッドデッキは好きですか?

Date:2016年7月31日 / Category:よくわかるお家講座コラム

皆さん、こんにちは。昨日は土曜の丑の日でしたね。皆さんは鰻食べましたか?

さて、今日は、ビルドアートのお客様でも大変人気の「ウッドデッキ」についてのお話です。

「ウッドデッキって?」

地面から高さを設けた木材で作られた甲板のことをいいます。

ウッドデッキでは、夕涼みをしたり、バーベキューをしたり、日光浴をしたり色々な楽しいことができます。

ウッドデッキは皆さんご存知だと思いますが、ではウッドデッキは建築基準法的にどのような扱いなのかご存知でしょうか?

まず、1階部分の庭に面した部分にウッドデッキを設けることについては建築面積の制限である「建蔽率」「容積率」には含まれません。

では、2階に設けるウッドデッキはどうでしょうか。2階に設けるウッドデッキは結論から言いますと、「建蔽率」に含まれます。しかし、含まれない場合があります。それは、「雨が降った時に、水がそのまま通り抜けるすのこ状」の場合です。こういったウッドデッキは「建蔽率」に含まれません。しかし、ここで一つ問題があります。

2階のウッドデッキについての基準は、建築地の行政によって判断基準が様々であるということです。少し前までは、上記のウッドデッキであれば、「建蔽率」には含まれないという共通認識で良かったのです。しかし最近は「2階に設けたウッドデッキは全て建蔽率に含まれる。」という市町村が増えています。

このような理由から、ウッドデッキをもし2階に作りたい場合は、「建蔽率」を考えなくてはなりません。

話は1階のウッドデッキに戻りますが、システムウッドデッキなど、やっぱりウッドデッキを付ければよかった!という時に後付けできるものもホームセンターなどに売っています。また、最近ではDIYで自分で作ってしまう人も増えているそうです。
41SA9AiUmBL このようなものが売ってます。

今回のブログのポイントは、

①ウッドデッキは1階、2階のどちらに設けるかで「建蔽率」が関わる。

②1階のウッドデッキは後付けもできる

の2点です。

自分たちのライフスタイルを考えて、「ウッドデッキ」が必要かどうか考えるのが大切ですね。


ビルドアートの情報はSUUMOにも盛りだくさんです。

是非ご覧ください。

SUUMO

お問い合わせ&資料請求

お電話でのお問い合わせ&資料請求TEL.042-705-8011

メールでのお問い合わせ&資料請求

お問い合わせ&資料請求

このページのトップへ