ベネチアンレンガのアクセントウォール

スタッフブログ

トップページ > 2012年 > 9月

ベネチアンレンガのアクセントウォール

Date:2012年9月25日 / Category:施工例

前回に引き続き、宮前区のA様邸を紹介します。

A様邸の一番の見どころはコレ↓

ベネチアンレンガを貼ったアクセントウォールです。

アクセントウォールのあるLDK

ベネチアンレンガ

レンガ風の壁紙とかではなく、

本物の窯焼きのレンガを薄くスライスしたブリックを

壁一面に貼っています。

夜は間接照明の効果もあって

ちょっとしたレストランみたいな雰囲気になります。

 

最近、少しずつですが、寝室やリビングに

アクセントウォールを採用するお客様が増えてきました。

アクセントウォールというのは、インテリアにアクセントをつけるために

一部分の壁の色や材質、柄を変えること。

A様邸みたいに材質まで変えなくても、

クロスの色や柄を変えるだけで、

雰囲気がガラリと変わるので、オススメです。

特に寝室は、ベッドの頭側をアクセントウォールにすると

高級ホテルみたいになるので、特にオススメです。

 

(オマケ)

A様邸のお風呂です。

半身浴愛好家の奥さまのご希望でTVを設置しました。

うらやましい~。

浴室

 

 

 

 

 

ルーフバルコニーのある家

Date:2012年9月19日 / Category:施工例

まずはこの写真をご覧ください。

ルーフバルコニーから見る夕焼け

 

きれいでしょー。

先日完成した川崎市宮前区のA様邸のルーフバルコニーからの眺望です。

お引渡し前の最終チェックを終えて、

フト外を見たら、

すごくきれいだったので思わず写真を撮ってしまいました。

高いところから見下ろす景色って、

なんだか気持ちいいですよね。

ちなみにお昼間はこんなかんじです。

左の方に見える高架は、R246です。

ルーフバルコニー

 

次回はA様邸の家の中をご案内します。

リビングの壁にひと工夫あり!お楽しみに。

 

 

ウレタン吹き付け断熱・施工中

Date:2012年9月12日 / Category:日々の出来事

ビルドアートは「ウレタン吹き付け断熱」という

断熱方法を採用しています。

写真はその施工の様子です。

(役所の中間検査の時に提出するために撮った写真なので、

左側にボードが写り込んでますが、気にしないでくださいね)

水で100倍に発泡したウレタンフォームが、

ものすごい勢いで壁の中のすき間に入り込んでいきます。

ウレタン吹き付け断熱施工中1

ウレタン吹き付け断熱施工中2

 

天井にも壁にもびっしりと充填されました。

断熱材としては安価な「グラスウール」がよく使われるのですが、

丁寧に敷きつめたつもりでも

どうしても細かいすき間ができてしまうのと、

10年20年という長い年月を経る間にゆっくりと沈下していって、

壁の中に断熱材のムラができてしまうので、

当社では使っていません。

ウレタン断熱のおかげで、当社の家は冬もすごく暖かいです。

夏もエアコンがものすごく効きます。

ウレタン断熱の良いところはいっぱいあるので、

いずれまたこのブログで紹介していきたいと思います。

 

ナチュラルカントリーの家2

Date:2012年9月7日 / Category:施工例

前回に引き続き、相模原市のE様邸のレポートです。

2階の子世帯のリビングダイニングです。

木製窓のあるリビング

部屋の南側にラウンドトップのある大きな木製の窓を設置しました。

取っ手をくるくるくるっと回すと窓が外側に開いていく

ケースマスターという形式の木製窓で、マーヴィン社製です。

これまた奥さまから雑誌の切り抜きを見せていただいて、

海外から取り寄せたものです。

窓の外の樹はしだれ桜。

花の咲く時期が長く、春は絶景のはずです。

 

リビングの照明は、

パナソニックのアンティーク調のシャンデリアです。

鉄(アイアン)の鋳物で作られていて、

すごく落ち着きのある照明で、なかなかのオススメです。

アンティーク調のシャンデリア

 

ちょっと写真が暗いですが、

これは1階の親世帯のキッチンです。

2世帯が集まって料理ができるように

大きなアイランド型のキッチンを入れました。

サンウェーブのサンヴァリエ<リシェル>です。

アイランドキッチン

 

 

お問い合わせ&資料請求

お電話でのお問い合わせ&資料請求TEL.042-705-8011

メールでのお問い合わせ&資料請求

お問い合わせ&資料請求

このページのトップへ