ウッドデッキは好きですか?

スタッフブログ

スタッフブログ

トップページ > 2016年 > 7月

ウッドデッキは好きですか?

Date:2016年7月31日 / Category:よくわかるお家講座コラム

皆さん、こんにちは。昨日は土曜の丑の日でしたね。皆さんは鰻食べましたか?

さて、今日は、ビルドアートのお客様でも大変人気の「ウッドデッキ」についてのお話です。

「ウッドデッキって?」

地面から高さを設けた木材で作られた甲板のことをいいます。

ウッドデッキでは、夕涼みをしたり、バーベキューをしたり、日光浴をしたり色々な楽しいことができます。

ウッドデッキは皆さんご存知だと思いますが、ではウッドデッキは建築基準法的にどのような扱いなのかご存知でしょうか?

まず、1階部分の庭に面した部分にウッドデッキを設けることについては建築面積の制限である「建蔽率」「容積率」には含まれません。

では、2階に設けるウッドデッキはどうでしょうか。2階に設けるウッドデッキは結論から言いますと、「建蔽率」に含まれます。しかし、含まれない場合があります。それは、「雨が降った時に、水がそのまま通り抜けるすのこ状」の場合です。こういったウッドデッキは「建蔽率」に含まれません。しかし、ここで一つ問題があります。

2階のウッドデッキについての基準は、建築地の行政によって判断基準が様々であるということです。少し前までは、上記のウッドデッキであれば、「建蔽率」には含まれないという共通認識で良かったのです。しかし最近は「2階に設けたウッドデッキは全て建蔽率に含まれる。」という市町村が増えています。

このような理由から、ウッドデッキをもし2階に作りたい場合は、「建蔽率」を考えなくてはなりません。

話は1階のウッドデッキに戻りますが、システムウッドデッキなど、やっぱりウッドデッキを付ければよかった!という時に後付けできるものもホームセンターなどに売っています。また、最近ではDIYで自分で作ってしまう人も増えているそうです。
41SA9AiUmBL このようなものが売ってます。

今回のブログのポイントは、

①ウッドデッキは1階、2階のどちらに設けるかで「建蔽率」が関わる。

②1階のウッドデッキは後付けもできる

の2点です。

自分たちのライフスタイルを考えて、「ウッドデッキ」が必要かどうか考えるのが大切ですね。


ビルドアートの情報はSUUMOにも盛りだくさんです。

是非ご覧ください。

SUUMO

ビルドアートの営業ってどんな人?

Date:2016年7月29日 / Category:コラム日々の出来事

皆様こんにちは。今年の4月よりビルドアートに新卒1期して入社致しました、服部と申します。今回のブログから不定期「新卒日記」を書きたいと思います。

今回は「営業」の先輩のことについて書きます。

先日先輩に勉強の為に、お客様とのお打ち合わせに同行させて頂く機会がありました。

皆様はSUUMOなどのランキングで「家を買う決定打ランキング」などの記事をご覧になったことがあると思います。よく上位にランクインしているのが、「営業担当の人柄」です。

日々の業務や今回の同行を通して、この「営業担当の人柄」に関して、ビルドアートは絶対にどこにも負けないと感じました。

住宅業界の営業担当でよく言われるのがが、「契約したら終わり」という人が多いということです。

しかし、ビルドアートの営業担当は違います。


「一生のお付き合い」

 

家を購入するほとんどの人にとって、家は一生のものです。

ビルドアートで建てていただいたお客様は、本当の家族というわけではありませんが、その位の真心を持ってビルドアートは家づくりをしています。ビルドアートは社員一人一人がこの理念の基に働いています。

弊社の営業担当は、お客様と本当に親しい関係を築かせて頂いております。

私もお客様と良い関係を築けるよう、日々頑張らねばと思います。

ビルドアートの情報はSUUMOにも盛りだくさんです。

是非ご覧ください。

SUUMO

【梅雨時期の洗濯物ってどうしてますか?】

Date:2016年7月21日 / Category:おすすめアイテムコラム

皆さんこんにちは!設計部のAです!

今回は、梅雨時期の洗濯物をどうするかについてのブログをお届けします!

 

室内物干金物の設置を希望するお客様が増えています

 

共働き家庭の増加で夜に洗濯機を回して室内で干しておくスタイルが増えていますね。
我が家も共働きなので、帰宅してから洗濯機を回している為、
どうしても洗濯物を干す場所が室内になってしまいます。
最近お天気も変わりやすいので、突然の雨のことなどを考えると、
実は日中もあまり外へ出していません。

そこで天井から取り外し可能なポールをぶら下げて物干竿を通して使用する室内物干金物を設置しており、とても重宝しています。
最近では、ほとんどのお客様がご希望しているように感じております。

浴室に暖房乾燥機がついているのですが・・・
夜お風呂に入る時に干してある洋服を移動するのが面倒くさくて・・・
意外と使ってません・・・。

急な来客時にも、竿とポールを外してしまっておけるのでとても便利です。

梅雨の時期で雨の降る日が続いても、下に新聞紙を敷いておくと結構カラカラに乾いてくれます。
春の時期には、花粉症の方にもおすすめです。

窓枠につけるものから、ワイヤー式、天井に埋め込んで自動で竿が下りてくるタイプまで
意外と幅広くラインナップされています。最近のおすすめは「ブルックリンランドリール」という商品です。
ぜひご検討してみてください。

71pOYntgeBL._SL1000_
51Dvabn9zdL  
「ブルックリンランドリール」の写真です。


ビルドアートはSUUMOネットでも施工事例を掲載しております。ぜひご覧ください!
SUUMO

お問い合わせ&資料請求

お電話でのお問い合わせ&資料請求TEL.042-705-8011

メールでのお問い合わせ&資料請求

お問い合わせ&資料請求

お問い合わせ&資料請求

このページのトップへ