TEL:042-705-8011

せっかくの注文住宅で失敗したいための対策は


トップページ > コラム > せっかくの注文住宅で失敗したいための対策は

せっかくの注文住宅で失敗したいための対策は


住宅展示場の存在が失敗になることがある



自分の理想をかなえるために、注文住宅を考える人は多いでしょう。さまざまな意見を取り入れ完成するはずのものが、実は失敗したとなってしまったら、これはもう悲劇となってしまいます。そうならないような対策を考えるとともに、信頼することができる相手と希望に合った家を作り上げていくことが重要だといえるでしょう。



失敗しない家づくりのためには、住宅展示場にいってみるという手段があります。ここまでであれば問題はありませんが、その住宅展示場があまりにも出来が良く、そんな物件を作り上げたいと見積もりを取ってみたら、実は驚きの金額が出てくることがあります。その理由は、住宅展示場の物件は、フルオプションと呼ばれる状態だからです。つまり、その基本住宅に対して、ありとあらゆるものを取り付けて豪華にしているということになります。そのような住宅にしたいと思ったら、予算よりもかなり費用がかかることになり実現するにはかなり難しい状況になります。



対策としては、住宅展示場がMAXであると考え、ここから引き算をしていくということが挙げられるでしょう。その他にも、住宅展示場を使って説明をしている業者を選ばないというのも方法です。実際に多くの維持費がかかりますし、作るだけでもかなりの出費になります。ですから、購入者のことを考えて、できるだけ無駄なコストがかかることは行わないというところも出てきています。対応策としては、情報は少なくなるものの、他に参考になるものがあれば問題はないといえるでしょう。





設計との意思疎通が完成の精度を高める



注文住宅ということでは、自分の希望を優先に作ってしまったことが失敗になってしまうことも出てきます。本来は、プロの知識と経験を持つ住宅会社と協議をしながら進めていくことが大切で、意見を取り入れながらバランスをとっていく方法がおすすめです。



あまりに自分の好きなように作った結果、思っている以上に住みにくい家になってしまうことがあります。明るくしたくて吹き抜けを作ったら、暖房効率を著しく落としてしまったというようなのが代表的なところでしょう。こうしたバランスも、住宅会社としっかりとした協議を繰り返し、設計を煮詰めていくことで対処することができるでしょう。対策というより、話を聞いてプロの立場からの意見や提案もしてくれた上で、責任を持って対応してくれるところに依頼することが大切です。



同じように、できるだけリビングを広くしたいということも考えられます。居住スペースですからできるだけ大きくしたいのは当然のことでしょう。ですが、何を削って広げるかというのが、大きな問題です。これによって玄関やトイレ、廊下や収納を削ってしまうのは、使い勝手ということでは、大きな失敗につながる可能性もあります。なぜかといえば、リビングは広がりますが、結果として使いにくい間取りが出来上がってしまうからです。使い勝手の良さは、バランスが重要となるのですから、設計との連携の重要性がわかる部分でしょう。



実際に標準として出された設計は、バランスを考えて使い勝手に優れています。設計には、居住性を考えた基礎がありますので、この基礎を変えてしまえば、やはり使いにくくなってしまうことになります。そこに自分の思いなどが重なり出来上がるのが注文住宅ですので、住む人のことを本気で考えて話し合い、まとめてくれる業者と作り上げることが一番の対策です。






職人の腕が出来上がりを決めるということ



施主としては問題なく進んでほしいものですが、実際に起こることがあるというのが問題になることがあります。案件のたびに職人がどんどんと変わってしまうということも問題としてあるでしょう。そうなると意思の疎通が通りにくいからです。せっかくの設計でも、意思の疎通ができなければ、職人としてはいいものを作り上げることができません。どうやってクリアするのかということも、職人の腕にかかってきますが、それも長く一緒にやっている職人であれば、阿吽の呼吸で作り上げていくでしょう。だからこそ、常に同じ職人を使っているところを選ぶということが重要になってきます。



自分たちではこうしたことを選ぶことができません。任せてしまった以上、それ以上の手出しができないからです。技術的にも安定しているというのは、常に同じ職人と仕事をしているということも重要なポイントになってくるのですから、事前に確認しておくといいでしょう。はっきりとホームページなどに書いているところもありますので、依頼して失敗したと思わないようにするためにも、こうした情報を調べておくことが未然防止につながります。








次の記事へ

お問い合わせ&資料請求

お電話でのお問い合わせ&資料請求TEL.042-705-8011

メールでのお問い合わせ&資料請求

お問い合わせ&資料請求