TEL:042-705-8011

テラスつき注文住宅がおすすめの理由と気をつけたいポイント


トップページ > コラム > テラスつき注文住宅がおすすめの理由と気をつけたいポイント

テラスつき注文住宅がおすすめの理由と気をつけたいポイント

注文住宅を建てるならテラスつきがおすすめ


最近はテラスつきの住宅に人気が集まっているようです。これから家を建てるという方でも外に繋がる開放的な空間が欲しいと考えている人は多いでしょうが、それならやはり注文住宅がおすすめです。注文住宅なら、内装や外装、間取りやキッチン、バスなども、ご自身の好きなように決めることができます。
もちろんテラスに関しても好きなように作ることができるようになりますが、注文住宅でしか作ることができない、少し変わったものも作れるようになります。こちらでは注文住宅でテラスをつけることのメリットについて紹介します。そもそもテラスというのは外よりも少し高いところにつけられた、建物の外部に張り出した場所のことをいいます。室内から窓や扉を使って簡単に出入りができて、半屋内といった様相です。そのまま外に繋がっているので、庭などにそのまま行くこともできる場所です。コンクリート製や木製のものが多く見られますが、レンガ製、石造り、タイル貼りなどのものも見られます。
用途としては洗濯物を干す、ガーデニング作業の場にする、テーブルや椅子を持ち出してお茶の場として使う、ペットを遊ばせる場として使うといった用途で使われることが多くなっています。屋根がついているものとついていないものとがあり、屋根の有無によっても用途に違いが出てきます。屋根付きのテラスにリビングから出入りができるようにすれば、晴天時はリビングとして使うことができるようになりますし、縁側のような雰囲気を持たせることもできます。

注文住宅でテラスをつけるメリットとは?


注文住宅を建てる際に室内への光の取り込みや開放感を重視したいという人は多いものです。そんな方にテラスはピッタリの設備で、このどちらの希望も叶えてくれます。大抵の場合は掃き出し窓などの大きな窓で外部と仕切られていることが多く、光の取り込みに関しては文句のつけようがありません。屋根つきであれば強い夏の日差しやちょっとした雨にも対応することができ、より室内に近い空間になります。屋根をつけると閉塞感があるという方は、必要なときだけ屋根をつけられるオーニングなどを設置するのもひとつの方法です。
そして前述したようにリビングの横にテラスをつければ、窓や扉を開けることによってリビングとしても使うことができるようになります。晴れた日に窓や扉を開放しておけば、外とダイレクトにつながるリビング空間として開放的な室内を演出することができます。外と室内を一体化させるのであれば、折れ戸などをつけることが多いです。
もっと室内に近い空間として使いたいという場合は、インナーテラスをつけるというのもおすすめです。「日光や風をたくさん取り込むことができる室内」として人気のインナーテラスですが、雨の日でも洗濯物を干せる、プライバシーの保護ができることで需要が高まっています。屋内に外に近い空間を作ることができるというのは注文住宅ならではです。テーブルや椅子を置けば、カフェのような雰囲気を醸し出させることもできます。テラスはこのように、アイデア次第でさまざまなことに使うことができる場所です。

つけるときに気をつけたいポイントは?


注文住宅でテラスを検討するときに気をつけたいポイントもいくつかあります。せっかくつけたのに使いにくくなってしまって、結局は使っていない、ということにならないように、注文住宅を建てる前に知っておきたい注意点も紹介します。
まず隣家や道路からの視線を遮ることができるようになっているか、ということが一番の注意点です。外部と窓などでつながっていることが特徴ですから、外部から見えることも念頭に置いておかなければなりません。作っても外部からの視線が気になって居心地が良くない、というのでは、つけた意味がなくなってしまいます。隣家から見えないようにプライバシーを保護するためにも、格子やフェンスをつける、植物を植えて視線をブロックするといったことは忘れないようにしておきたいものです。日差しや風を取り込みつつもプライバシーを保護する工夫が必要です。
そしてテラスをつける場所も問題です。リビングと隣り合わせにしてつけることが多いですが、バスルームやトイレなどの奥まった場所につけてしまうと、なかなか使わない場所となってしまう可能性もあります。特に洗濯物を干したいという希望でつける場合には、洗濯機があるバスルームの近くにつけることもあります。そうすると結局は洗濯物を干すだけの場所となってしまい、それ以上に用途が広がらなくなってしまいます。
最後に材質にもこだわりたいものです。注文住宅の場合には材質も自分好みに変えることができます。コンクリート製は掃除が簡単で耐久性がありますが、夏になれば日光の照り返しがあるので、その影響で室内まで暑くなってしまいがちです。逆に木製は見た目が良く、日光の照り返しなどの問題もありませんが、コンクリート製に比べると耐久性は劣ります。そして耐久性がある木材はコストがかかるという問題もあります。こうしたポイントに気をつけて、満足のできるテラス作りを実現させましょう。

次の記事へ

お問い合わせ&資料請求

お電話でのお問い合わせ&資料請求TEL.042-705-8011

メールでのお問い合わせ&資料請求

お問い合わせ&資料請求