TEL:042-705-8011

デザインも好みにできる注文住宅について


トップページ > コラム > デザインも好みにできる注文住宅について

デザインも好みにできる注文住宅について


自分の好みの家を作ろう



家を建てる方法は、新築で大きく分けると注文住宅と分譲住宅の2つがありますが、その中でも好みの家を実現させたいなら注文住宅がお勧めです。これから家を建てるにあたって、建築方法を悩んでいる方のために、その理由について紹介します。



まず1つ目は、デザインや間取りなどあらゆる部分を自由に設計できることです。注文住宅の最大の特徴としては、自分がどんな間取りにしたいのかを実現させることが可能な点です。例えば、間取りを個性的なものにしたり、吹き抜けにしたいという要望を叶えられたりといった風に、自分のライフスタイルに合う住みやすい空間にすることができます。それに比べると分譲住宅の場合は、一から作り上げることはできません。土地と建物は決まっている状態となっており、既存の建物を見学して決めることになります。その為、いくつもの物件を見学することである程度気に入った物件を探すことはできますが、全て希望通りにすることは難しいと言われています。完全オリジナルで自由度の高い家を手に入れたいなら注文住宅を選択しましょう。



続いて2つ目は、施工過程を見ることができる点です。分譲住宅では、施工過程を見るということはほとんど実現することができません。基本的には完成状態で売られるため、どの素材を使用しているのかなどを実際に目で確かめることはできません。しかし、注文住宅では自分が指定した素材を使用しているところも見ることができますし、業者に説明を受けながら施工過程を見るということも可能です。また、施工過程を見ることによって、依頼する人にとってもどのように作られているのか分かるので安心感があります。不安な気持ちで家を買いたくないと思っている人は、実際に施工過程を見ることができる方を選択するといいでしょう。



続いて3つ目は、費用面も考えながら建てることできる点です。例えばデザインなどを全てオーダーメイドで行うので、膨大な費用がかかるのではないかと思っている方もいるのではないでしょうか。確かに、隅々までこだわり、高級素材ばかりを使用するとそれなりに費用もかかりますが、費用面を調整しながら作り上げることもでき、こだわるところとこだわらないところを決めることで比較的安く作り上げることも可能です。このように、特徴的な部分について話しましたが、メリットなどを比較することで後悔しないマイホームを作り上げることができます。注文住宅と分譲住宅とで迷っている人もいるかと思いますが、自分の希望を明確にして、メリットなども見て決めましょう。





注文住宅のデザインで失敗しないために



注文住宅はこだわりのある家をつくりあげることができますが、中には失敗したという人もいます。失敗しないためにはいくつかポイントが存在していますが、その中でも重要なのが業者との打ち合わせです。こだわった方がいいポイントがいくつかあるので紹介します。



まず1つ目は、依頼者側と施工する側でイメージを共有することです。例えば依頼者側が白のデザインのイメージを持っていても、それをきちんと伝えなければ施工する側はイメージを湧かせることができません。イメージを共有することが希望通りの家をつくりあげるために大切なポイントとなるので気をつけましょう。



続いて2つ目は、反対意見もしっかりと聞くことです。施工業者はなるべく希望通りの家が作り上げられるように、依頼者側の意見を最優先します。しかし、依頼者側に施工の知識がない場合、イメージ通りのデザインで作るとデメリットになることもあります。デメリットについて確認しないと後々トラブルになる可能性もあるので、後悔しないためにも事前に反対意見についても聞くようにしましょう。また、打ち合わせはじっくりと進めることが大切です。例えば人によっては打ち合わせが面倒で施工業者にまるっきり任せるという人がいますが、安易に全てを任せてしまうと後悔に繋がる可能性が高くなります。じっくりと打ち合わせをした方がいいことや、デメリットについてもよく話し合い、納得のいく希望通りの家を手に入れるためにもそうした打ち合わせをしましょう。





施工業者を選ぶときのポイント



これから注文住宅で家を建てようと思っている人は施工業者に依頼をするのが一般的ですが、選ぶときには知っておきたいポイントがあります。



例えば施工業者によって必要になる費用が異なります。家は人生の中でも高い買い物となるので、費用面についても気にしている方がいるかと思いますが、業者によってはなるべくリーズナブルな価格で作り上げられるように提案をしてくれるところもあります。後悔をしないためにも、費用面についても考えてくれる施工業者を選びましょう。



また、自然素材を積極的に使っているかといったことについても確認しましょう。例えば素材によっては、シックハウスなどになってしまう人もいます。こういったリスクを避けたいと思っている人は、天然素材を積極的に使っている施工業者を選択しましょう。








次の記事へ

お問い合わせ&資料請求

お電話でのお問い合わせ&資料請求TEL.042-705-8011

メールでのお問い合わせ&資料請求

お問い合わせ&資料請求