TEL:042-705-8011

リノベーションの費用は予算内でできるだけ理想をかなえよう


トップページ > コラム > リノベーションの費用は予算内でできるだけ理想をかなえよう

リノベーションの費用は予算内でできるだけ理想をかなえよう

今、リノベーションが注目されている


リノベーションは、現代的なデザインやスタイルの間取りや内外装に変更し、新築の状態よりも性能や価値を向上させることです。これまで、日本の住宅建築は新築至上の考え方が長い間に渡って根付いてきました。ところが土地や住宅資材の高騰により、新築住宅の価格が想定の範囲を超える高騰を招いています。そのような背景があり、消費者の考え方は、新築だけでなく中古物件やリノベーションへと広がりを見せ、リノベーションが注目を集めるようになってきました。
住宅を求める人たちの考え方が多様化する中で、リノベーションを選択する方々にはある特徴があります。その一つは、エリアにこだわって住まいを探していることです。子どもの学校環境を重視したい、少しでも通勤に便利な場所に住みたいと考える方はエリアを重視します。そして、希望するエリアにある中古の一戸建てやマンションを購入しリノベーションしています。中古の物件を購入しても、自分のこだわりに合うような家に出会うのは難しいものです。しかし、できるだけ費用を抑えながらも、おしゃれなデザインで個性的な住宅にリノベーションすることは可能です。オリジナリティーや自分らしさを出すためにリノベーションという選択をしているのも特徴の一つです。
新築に比べて廃材も少なく済み、環境に優しい家づくりを目指すことができます。さらに、家を持つと毎月の電気代や燃料代などの経費もかかりますが、光や自然素材を活かした工事を行うことで光熱費を削減することもできます。このように、リノベーションに興味を持つ方が増えるにともない、おしゃれで嗜好性の高い住宅を求める方も増えてきています。一方で、こだわり実現のためにはしっかりとした資金計画が必要になります。自分の理想とする家を実現にするためには、ある程度の優先順位を決め、経費を抑えるためのアイデアも必要となります。

リノベーションの費用は予算内で理想を叶えることが大切


新築一戸建てのチラシなどでは、坪単価でいくらという表記を見ることがありますが、リノベーションの費用は単純に坪単価いくらと出しにくいところがあります。中古住宅を工事するとしても、老朽化や劣化の度合いに差があったり、内装やデザイン、キッチンのグレードなど、どこまで手を入れるかによって費用が大きく変わってきます。また、マンションであれば高層階ほど工事料金が高くなりますし、土地ごとに材料費や職人の工賃も異なるので地域差も出てきます。ただし、基本的には、工事をする面積が広くなるごとに工事の費用は高くなっていく傾向はあります。
一番良い方法は業者に見積もりしてもらうことですが、これまでの工事の事例から推測して、およその相場を知ることができます。一般的に500万円以下で工事を実施する場合は一部分のみとなることが多いようです。例えば、キッチンやお風呂、トイレなどの部分的な工事や、間取りの一部を変更する工事などが可能です。費用が500万円から1000万円になると大きな間取りの変更や、新築と同様のお気に入りの空間を広げる工事が可能になります。例としては、リビングと古い和室をつなげてリビングを広くしたり、洋室の壁紙を張替え無垢のフローリングにするなどです。
費用が1000万円以上になると、一戸建てであれば大きな間取りの変更に加えて、おしゃれなデザインに変更したり、断熱改修、作り付けの収納、ホテルのような洗面所と浴室、アイランド型キッチンなど、こだわりをより一層追求することができます。また、全て思い通りに作ることはできませんが、定額制のリノベーションを選ぶのも一つの方法です。
ただし、いずれにせよ、工事費用の他にも印紙税やローン事務手数料、保険料などの諸費用がかかりますし、居住後には固定資産税などの税金もかかるので、きちんとした資金計画が必要になります。リノベーションは同じ広さの部屋を工事するにしても、プランによってはかかる費用も大きく違ってきます。工夫やアレンジのしかたによって経費を上手に抑えることも可能になってきます。業者やデザイナーとプランニングの検討を重ねていくなかで、ローコストで自分のこだわりを実現できるアイデアが生まれることもあります。予算内でいかに理想を叶えることができるのか、それを考えることも大切です。

地域密着の地元工務店へ依頼する


リノベーションをするときにはいくつかの業者に見積もりを出してもらい、比較検討しながら選択していきますが、費用の安さだけで選ばないことです。費用の安さだけで選ぶと、結局、粗悪な工事になってしまい、後々、経費がかかることになる可能性もあります。費用だけでなく、工事内容や実績、アフターメンテナンス、相談体制、担当者のマナー、口コミなど、様々な角度から検討していくことが大切です。
一般的に大手の業者であれば、様々な実績があり業務もシステム化されています。アフターメンテナンスやサポートも充実しているので安心できすが、小さな工務店に比べると人件費や宣伝広告費など会社を運営するための経費がかかります。その分、1件あたりの工事費を高く設定しないと利益が上がらないことになります。一方、地元の工務店であれば、社長や従業員の顔も見えますし、専門分野に特化しているところもあったり、細かい仕様にも対応することもできます。
また、地元密着の工務店の場合は、モデルハウスや広告費などにかける経費は少なく済みます。中には、建築資材や住宅設備を大量に仕入れて、大幅にコストダウンしている業者もあります。そして、地域密着の地元工務店の最大のメリットは、大工のほかに左官、建具、電気水道工事などのさまざまな職人さんとの関わりが深く、工務店の工事に関わっていることです。そのように、いつも同じ職人さんたちが常駐している状態なので、何かあったときにはすぐに来てもらえることです。地域での評判を大切にしている業者は、丁寧な仕事をしてくれて何か困ったことがあれば素早く対応してくれるのが強みです。
こだわりのマイホームを実現するためには、失敗しない業者を選ぶことが大切です。人によって良い業者の基準は異なりますが、地域や口コミの評判は大切なポイントです。大手の会社も地元の工務店もそれぞれに良いところがあります。それぞれの特徴を理解されて後悔のない業者を選びましょう。

次の記事へ

お問い合わせ&資料請求

お電話でのお問い合わせ&資料請求TEL.042-705-8011

メールでのお問い合わせ&資料請求

お問い合わせ&資料請求