TEL:042-705-8011

リノベーションをするメリットとデメリット


トップページ > コラム > リノベーションをするメリットとデメリット

リノベーションをするメリットとデメリット

リノベーションとは


近年、リノベーションが注目されています。人気を集めており、興味関心を持っている人は多くいますが、似ている言葉であるリフォームとの違いが分かっていないという人も少なくありません。
一般的にリフォームというのは、老朽化している住居を新築の状態に戻すことです。マンションやアパートに住んでいる人が退去したら、次の入居者のために原状回復をすることもリフォームの一種です。基本的には使っているうちに経年劣化やトラブルによってマイナスの状態になったものをゼロの状態、入居時の状態に戻すのがリフォームなのです。そのため外壁の塗り直しや壁紙の張り直し、壊れた設備の交換といったことが行われます。
それに対してリノベーションというのは日本語にすると革新、刷新、といった意味があり、今までの状態から性能を良くすることを意味します。そのためリフォームのようにゼロの状態に戻すのではなく、プラスの状態にするのです。例えば、今までよりも使い勝手がよくなるように間取りを変更したり、バリアフリーに作り替えたり、耐震性能を高めたりといったことが行われます。作業をする際には大規模なものになることが多いですが、仕上がった部屋は住宅性能が高くなっており、生活しやすい環境になります。
このようにリフォームと混同されることも多くあり、事前に自分がどちらを目指して家を新たなものにしたいのか考えておくことが必要です。目指すものによっても仕上がりは違ってきますし、依頼するハウスメーカーも違ってきます。また、費用も違いますし両者にはメリットもデメリットもありますから、そういった点についても理解が必要です。作業をする前に事前情報をしっかりと集めて、どのような仕上がりにしたいのかのイメージを膨らませておきましょう。

メリット


リノベーションのメリットといえば、今の状態よりも住宅性能が上がるということです。生活をしているとどれだけ気に入った家でも不具合が出てきます。結婚や子供の誕生で家族が増えたり、逆に家族が成長してくれば減ったりすることもあります。そうすると家の使い方も違ってきますから、間取りの変更や新たな用途の部屋が必要になることもあります。そういった希望が出るたびに新たな家を購入することはデメリットであり、今ある家の状態を変えることで、今よりも使いやすい家にすることができるのはとても助かります。
次にオリジナリティを出すことができます。今ある家の状態に手を加えていくので気に入っている場所は残しつつ、新たに手を加えることができます。今流行っている古民家のように、古いものと新しいものとが融合することによって、新築では作り出すことができない古いものと新しいものとが共存するオリジナリティのある家になるのです。思い出のある部分を残して新しくすることができるというのも魅力です。
最後にコストです。新築と同じように家の中をがらりと違うものに変えたとしても、リノベーションの費用は家を建てるよりも格段にリーズナブルです。作業内容や新たに入れる設備によってかかる費用は違ってきますが、家を購入するよりも20%から50%ほど安く済むことがほとんどです。費用が抑えられることで投入できる設備もありますし、追加の工事も可能です。費用が抑えられるのはもちろんですが、家を壊したり新たに建築したりするよりも、使う道具を減らすことができ、ごみを減らすことができるという点で環境に良いものでもあります。

デメリット


これだけ人気もあり良いところがたくさんあるリノベーションにもデメリットはあります。まずは費用の問題です。家の状態によってはかなり大規模の補修が必要になるケースも考えられます。特に古い家の場合には、建築基準法が改正される前に建設されていることで、今の基準を満たしていない危険な状態になっていることもあり得ます。その場合は、基礎の段階から補修をしていくことが必要になりますので、新たに家を建てるよりも費用がかかってしまうということになります。
費用が多くかかるということは、住める状態にするまでにも時間がかかるという場合があります。かなり大規模な工事となる場合、新たに家を建てるよりも今あるものを維持しながらの工事となるために時間を要することになります。工事中は別の場所に住居を構える必要があり、その際に住む家を借りる費用や使わない家具を預ける費用も掛かるため、予定外のところでコストがかかることもあるのです。
費用の面で言うと、ローンの金利も高くなることがあります。家を購入するよりもリフォームやリノベーションのローンのほうが金利は高い傾向にあります。また、家のローンが完済されてないけどその家をリノベーションする時には、二つのローンを支払うことになるので費用が捻出できるのかよく考える必要があります。
最後にどんな希望も通るとは限りません。予算の兼ね合いもありますし、家の状態によってはできない工事もあります。これらのデメリットを理解したうえで作業をするかどうかを判断しましょう。

次の記事へ

お問い合わせ&資料請求

お電話でのお問い合わせ&資料請求TEL.042-705-8011

メールでのお問い合わせ&資料請求

お問い合わせ&資料請求