TEL:042-705-8011

一戸建てのリノベーションとその方法及び注意点


トップページ > コラム > 一戸建てのリノベーションとその方法及び注意点

一戸建てのリノベーションとその方法及び注意点

リノベーションとは何か


家を購入するというのは人生の中で最も大きな買い物と行っても過言ではありません。何度も購入できるものではないですが、一度は一戸建ての家を購入してみたいとあこがれている人も多くいます。家を購入して自分の城を構えたら一人前という思想は昔から日本に根強くあるものであり、それゆえに多くの人があこがれを抱いているのです。
しかし、実際に一戸建ての家を購入するというのはかなり大変なことです。特に近年では長引く不況の影響もあり、なかなか思うように住宅を購入する費用が準備できないという人も多くいます。さらにはローンの審査にも通らない状況にあるという人もいます。そういった状態でも家を購入することができ、なおかつ新築に近い状態の家に住むことができる方法ということで注目されているのがリノベーションです。
リノベーションというのは日本語にすると革新、刷新といった意味があり、今の家の状態をより良いものにするために行われる作業のことを意味します。一般的に今の家の状態をきれいなものにするために補修することをリフォームと言いますが、リフォームは壊れている部分、ダメージがある部分を補修することが目的です。リノベーションは壊れているものを直すだけでなくさらに機能を向上させために行います。そのためきれいにするだけでなく間取りを新たなものにしたり、段差を外したり、収納を増やしたりといったことをしてより住みやすい状態にするのです。
今住んでいる家や家族から譲り受けた家に作業をすることはもちろん、古い中古物件を購入してその家をリノベーションすることも可能です。新築物件を土地から購入して家を建てるよりもリーズナブルに作業をすることができますし予算に応じて作業内容を吟味することもできます。

リノベーションの注意点


リノベーションをすることは、一戸建てを新たに建てるよりもリーズナブルと言われていますが必ずしもそうなるとは限りません。購入する物件や行いたい作業の内容によってはかなり費用が掛かるケースもあるので注意が必要です。
特に中古の物件を購入して作業をしようと考えている人は注意をしなければなりません。古い住居でも作業をすることで新品同様や古民家風のおしゃれなものに仕上がることが期待できますが、古い住居の場合にはいつ建設されたかが問題となってきます。建築基準法が改正される以前の場合には、家の内装や外装に手を加えたり設備を新たにしたりする以外に、耐震補強の作業が必要になることもあります。家の状態によっては基礎部分もダメージを受けていることがあり、そのような物件となると基礎からの立て直しをしなければならない場合もあります。
このように基礎から抜本的に作業が必要となる場合には、新築の家を土地から購入するのと同じかそれ以上の費用がかかってしまうこともあります。特にリノベーションというのは家の内外装に手を加えたり設備を購入したりする以外にも、作業をして出てきたごみの処分や作業中に住む家の確保といったことも必要です。その結果、新築を購入するのと変わらない費用がかかってしまったり、十分な作業をすることなく古い家に住むようなことになってしまったりという事態は避けたいものです。
そこで、事前にシミュレーションをして家を購入することと作業することとができるかどうかを確認しておきましょう。特にローンは家の購入ローンとリノベーションのためのローンとは別に借りる必要があります。そのため返済シミュレーションについても確認が必要です。

業者選びの重要性


リノベーションはとても人気で多くの人が依頼することを検討していますが、トラブルもたくさん起きています。そこで依頼するハウスメーカーや工務店といった業者についてはしっかりと考えて決めることが重要です。
特に一戸建ての家というのは素人にはわからないことがたくさんあります。今の状態がどのようなものであるのかということも、この後作業をすることによってどのような仕上がりになるのかということも明確にはわかりませんし、行われている作業が正しいかどうかも分かりません。そこで、すべてを業者に任せることになります。家は毎日生活する場所であり安全な場所でなければなりません。また安いものではないですから、長く良い状態を維持したいものでもあります。そのためにも、住んですぐに傾いてきたり壊れたりといったことは避けたいものです。
業者によっては、今の状態が悪い状態ではなく十分問題ない状態であっても作業する必要があると言ってきたり、作業の方法としてあえてお金のかかる方法を提案してきたりするところも存在します。手抜き工事が原因で、家がすぐに悪い状態になったとして訴訟問題が起きているところもあるほどです。そこで、業者を選ぶにあたっては信頼できる業者であるかどうかをしっかりと吟味しましょう。
特に比較検討することは重要です。複数の業者に見積もりを依頼することで相場がわかりますし、するべき工事も明確になってきます。価格や工事内容だけでなく対応についても比較することができるので、信頼して任せられるという業者を選び出しましょう。

次の記事へ

お問い合わせ&資料請求

お電話でのお問い合わせ&資料請求TEL.042-705-8011

メールでのお問い合わせ&資料請求

お問い合わせ&資料請求