TEL:042-705-8011

住宅トラブルについての豆知識


トップページ > コラム > 住宅トラブルについての豆知識

住宅トラブルについての豆知識

よくある近隣の住宅トラブル



プライベートの時間を住宅で暮らすという人も多いでしょう。例えば仕事を終えた後に会社から住宅に足を運び、住宅の中で夕食を食べます。平日ではなく休日には家族の庭でお子さんやペットたちと遊んだり、充実した時間を過ごしたりする人も少なくないでしょう。本来住宅とは安心安全に暮らせる空間になりますが、自分たちが暮らす住宅周辺には他の家もあるので、近隣の住宅トラブルが発生するケースがあります。過去には住宅トラブルが事件に発展したケースもあるので、一度はニュースなどで発展して事件になった報道を見たことがある人もいるのではないでしょうか。



よくある住宅トラブルとして挙げられるのが、騒音です。基本的にこのトラブルは集合住宅などで引き起こることが多いです。アパートやマンションなどの集合住宅は、今では騒音における対策を行っている建物も多いですが、実際に騒音トラブルを抱えやすくなっています。



その理由は、住宅と住宅の距離が短いからです。騒音トラブルに発展しやすい音でも多いのが、子供のはしゃぐ音です。小さいお子さんと生活をしている人であれば理解できることもあるかもしれませんが、周囲の人のことを考えず住宅の中で飛び跳ねたり騒いだりする子は、決して少なくはありません。1階に住んでいる住宅の子供が飛び跳ねても、騒音によりトラブルに発展するケースは少ないですが、二階や三階など下の階に人が住んでいる場合、飛び跳ねることでその騒音が下の階に伝わることがあります。そのため、トラブルに発展するケースも珍しくありません。



その他にも、境界が原因で近隣住民との関係が悪化することがあります。例えば一戸建ての住んでいる人の多くはフェンスなどで隣と仕切りをしている人も多いです。仕切りをすることで自分たちが所有する土地の範囲がどこからどこまでなのかを理解することができます。



その境界線が本来の設計図で誤っていると、そこから問題に発展するケースもあります。また、一戸建ての家の中には木などを植えている人もいます。木には枝が生え葉っぱができますが、秋になるとその葉っぱは枯れて地面に落ちます。もし境界線のところに木を植えていると、その木から葉っぱが枯れて近隣の土地に枯れ葉が入る可能性もあります。それが原因で問題になるケースも存在します。その他にも、物理的なものではなく行き違いが原因で近隣で問題を抱えたりするケースもあります。では、どのような対策を施せばいいのでしょうか。





住宅トラブルの対策



住宅トラブルの対策として挙げられるのが、何が原因でトラブルに発展しているのかを考えることになります。基本的に住宅トラブルを抱えている人の中には、何故近隣の人と上手くお付き合いができないのか知ることで原因を追及することができます。もし原因で自分のご家庭であった時、生活を改善することで対策ができます。



例えば騒音が原因である時はその騒音を突き止める必要があります。もし子供がはしゃぐ音が原因の時は、指導をして静かに生活をするように正します。もし自分ではなく相手に落度がある時は、管理会社や大家さんなどに相談をします。



管理会社に相談しても改善できない時は、警察に相談をすることもあるでしょう。警察に相談をして迷惑をかけていることを伝えてもらうことができれば、相手は警察なので伝えたことを素直に聞いてくれる可能性があります。



どうしても改善がされない時は、住宅トラブルを抱える人の中には損害賠償請求をする人もいます。通常はご近所が相手になるため、今後も長い間お付き合いをしていく人が多いです。



そのため、上手くお付き合いをするのが一般的です。できるだけ穏便に解決するのが一般的ですが、もし状態が深刻な時は自分やご家族だけで解決をしようとはせずに、プロの専門家や国家機関を利用して解決するためのサポートを受けることが求められます。もし身近に友達がいる人は、相談をしてどのように対処をすればいいのかアドバイスなどを得ると参考にできる可能性があります。




住宅トラブルの予防について



これから引っ越しやお家を建設させる方の中には、どのように住宅トラブルを予防すればいいのかわからない人も少なくないでしょう。例えば騒音の予防としては、騒音対策を住宅に加えることです。騒音対策の仕方は複数挙げることができます。



一般的な住宅よりも壁を厚くして音が伝わりにくくしたり、防音ガラスなどを搭載したりして騒音を少なくする努力をします。このように住宅を建設する時に防音設計をすれば、住宅トラブルになる可能性を少なくすることができます。



住宅と住宅の境界線が原因でトラブルに発展することもありますが、境界線トラブルを回避したい人は設計を担当した業者に相談をして、どこからどこまでが自分の土地なのかを正確に把握してきます。基本的に建築を担当している業者はそのような土地の境界線に関しても詳しいので、もしこれから家を建てる人は住宅が完成した時に一度相談をして住宅トラブルにならないように予防をしましょう。








次の記事へ

お問い合わせ&資料請求

お電話でのお問い合わせ&資料請求TEL.042-705-8011

メールでのお問い合わせ&資料請求

お問い合わせ&資料請求