TEL:042-705-8011

新築とも一味違うリノベーションマンション


トップページ > コラム > 新築とも一味違うリノベーションマンション

新築とも一味違うリノベーションマンション

新築物件とはどのようなところが違うの?


近年の物件情報を見てみるとしばしば「リノベーション済み」や「リノベーションマンション」という文字を見かけます。文字通り築年数のある程度経過したマンションをリノベーションしたものを指します。見た目や中に入っている設備を取り換えて新しいものとなっています。このように言われると、新築物件とどこが違うのかと思う人もいるでしょう。リノベーションといっても、建物内をすべてリフォームしているわけではないです。特に共用部分については設備更新を行っていない物件が中心です。このためオートロックなどの管理システムで比較すると、新築物件のほうに良さがあります。
しかし購入費用で比較すると、リノベーションマンションのほうが低価格で売りに出されていることが多いです。もし快適な空間で設備も最新鋭、それでもリーズナブルな価格で購入したいと思っているのであればリノベーションマンションを探してみるといいでしょう。
新築物件の場合、まだ建物が完成していない段階で入居者の募集を行うことが一般的です。モデルルームをチェックすることはできますが、実際に出来上がった部屋と比較するとなんか違うと思うこともしばしばです。これはモデルルームには最高グレードの設備などを配置しているからです。しかしリノベーションマンションの場合、すでに出来上がっている部屋を見て購入するかどうかを判断します。新築のように実物を見て当たりはずれの生じるリスクがないのも安心して購入できるポイントといえます。

リノベーションマンションの持つ魅力はどこ?


リノベーションマンションにはいくつかメリットがあります。その中でも大きいのは、自分のタイミングで入居・引越しできるところです。先ほども紹介したように新築の場合、入居申し込みしてから実際に入居できるまで、建物の工事の関係もあってある程度のラグが生じます。一方リノベーションマンションの場合、すでに業者が工事して完成した段階で引き渡しを実施します。よって物件購入してから部屋に入居するまでの期間を短くできます。またそのほかの広さや間取り、立地条件などが一緒であれば通常新築物件よりも低価格で購入できるはずです。
中古物件の場合、設備が古かったり間取りが現代のライフスタイルに合わなくなっていたりなどの問題が生じがちです。しかしリノベーションマンションの場合、最新鋭の機器が導入されていますし、間取り変更によってより暮らしやすい動線なども意識した物件が多いです。ですから便利に部屋の中で生活できるでしょう。新築のマンションはなかなか出てきませんが、リニューアルされた物件はもともと中古なので、新築よりは多く出ています。その分選択肢が多くなり、自分たちの希望する部屋が見つかりやすいのもメリットといえます。
マンションを建設するにあたって、最寄り駅に近いなど立地条件に恵まれた土地から購入されます。このため、新築物件を見てみると、意外と立地条件に恵まれていないものも少なくありません。リノベーションマンションの場合、中古マンションをリフォームして売りに出されます。ですから最寄り駅から近いなどの立地条件に恵まれた物件が多いです。生活の利便性も考えて物件を探すのであればおすすめの物件といえます。

物件購入にあたっての注意点とは?


リノベーションマンションを選ぶにあたって注意すべきことは、まずリニューアルがどの辺まで行われているかです。物件によっては配管の工事が行われていないケースもあります。配管は建物の中でも耐久性は劣っているといわれています。ですからこの分に手が加えられていないと、劣化が進んで入居してしばらくするといろいろな不具合が生じる可能性があります。外観については壁や床に隠れてしまって現地見学をしてもなかなか確認できない部分でもあります。そこで不動産会社の担当者などに質問して、詳しい情報を入手しておきましょう。
またリノベーションマンションの場合、部屋の中は新築と同じくらいにきれいで設備も充実しているでしょう。しかし建物の枠組みそのものは中古物件です。築年数が経過していると枠組みの部分の劣化が進んでいる可能性もあります。長くそこで暮らすためには安心して生活できる建物の強度が維持されているかどうかも意識したほうがいいです。先ほども紹介したように、リノベーションは共用部分で行われていない物件も多いです。そこで共用部分の管理がきちんとしているかどうか確認しましょう。もし劣化が進んでいると、将来修繕積立金がアップして経済的に圧迫する可能性も出てきます。
そのほかには周辺環境もチェックすることです。新築と違って、実物を確認したうえで購入するかどうかを決められます。最寄り駅までの距離やスーパーや銀行などの生活に必要な施設が整備されていると利便性も高まります。また子供のいる家庭は学校が近くにあるかどうかも自分の足で確認したほうがいいでしょう。

次の記事へ

お問い合わせ&資料請求

お電話でのお問い合わせ&資料請求TEL.042-705-8011

メールでのお問い合わせ&資料請求

お問い合わせ&資料請求