TEL:042-705-8011

横浜市で注文住宅を建てよう


トップページ > コラム > 横浜市で注文住宅を建てよう

横浜市で注文住宅を建てよう


注文住宅の間取りで考えたいこと



注文住宅というと自分らしい、家族が快適に暮らせる自由設計が特徴的です。その為、考える時には普段の生活を考慮した間取りで設計をするのかポイントです。



マイホームを建てるためにはそれなりに費用が必要です。手軽に建てられるものではないので、建ててから気付くのではなく、建てる前に気付けるように間取りを考えましょう。



まず、間取りを考える時ですが、優先順位をつけて考えることが失敗しないためのコツです。例えば広いリビング、広い寝室、独立した子供部屋、仕事をするためのスペースなど、家を建てる前には色々な希望が思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか。



土地の大きさによっても異なりますが、家を建てるにはスペースに限りがあります。その為、たくさんある希望を全て実現するのは困難でしょう。それでも多くの希望を実現させるためには、何かを諦めことも重要です。



それぞれ目的によって、どの部屋が必要でどの部屋が必要でないのかを整理して優先順位を決めることで、後々使わない無駄なスペースができることはありません。間取りを考える時でも目的をはっきりとさせることができるので、より納得できる家づくりが可能です。



続いて間取りを考える時に大切なポイントは、図面に家具や家電など必要な物を置いてみることです。



間取り図を見ると部屋の広さが分かりますし、窓の位置など詳細な情報が分かります。しかし、落とし穴としては家具を置いた状態までは分からないことです。例えば図面上では広く感じても、大型の家具などを設置することで歩くスペースがそれほどない空間になってしまう可能性も考えられます。



その為、間取り図を見る時には実際に図面などに家具や家電を置いて、イメージと違うとならないようにすることが大切です。特に部屋の広さで後悔をすると、いざリフォームをするとしても大金が必要になることもあるので、時間はかかってもいいので実際に生活することを想定して広さを考えましょう。



その他にも動線を考えてイメージをしておくことが大切です。



家具などを図面上に置いたら、次に生活をしているイメージを実際にしてみると良いでしょう。例えば洗濯などをするときにベランダまでの距離があり、不便だと感じる場合には物干し竿をもう一つ用意して洗濯がしやすくなるように工夫したりなど、一日の作業の流れを考えて想像しましょう。



考えることで何も考えないよりは生活しやすい環境にできるので、動線を考えることも大切です。



3つのことについて話しましたが、間取りは注文住宅で最も重要な部分です。妥協すると後悔する原因になるので、説明した3つのことは慎重に考えましょう。





注文住宅でコストを調整する方法は?



注文住宅は多額の費用が必要だとイメージする人もいますが、実はコストに関しては調整しながら考えていけるのも注文住宅の魅力です。しかし、調整するといっても住宅について詳しくない人は調整方法が分からない人もいるのではないでしょうか。そこでコストを調整する方法についてを説明します。



まず、各所の仕様や設備のグレードにはメリハリをつけるようにするとコストの調整が可能です。例えば床や壁などは面積の大きな部分になるので、それだけコストもかかります。その為、コストを抑えたい場合は面積の大きい壁や床の素材を変更するなど工夫するとコストは抑えられます。しかし、全くコストをかけないというのも不安なので、例えば壁のグレードは上げ、床のグレードを下げるなどメリハリをつけると良いでしょう。



また、間仕切りの壁に関してですが、壁を一つ削るだけでも人件費や工事費、材料費を抑えられるのでコストカットが実現できます。壁を削っても強度に問題ない場合は削ることも考えるとコストを調整できます。



その他にも複雑にしないことがコストを抑えるには重要です。注文住宅はこだわりのある家を建てられるので、複雑な形状にしたい人もいますが、複雑すぎるとその分技術も必要になるので価格も上がってしまいます。コストを抑えたい場合は可能な限り複雑な形状にしないように心掛けましょう。





横浜市で注文住宅を建てよう



横浜市で注文住宅を検討中の方は業者に依頼をして実際に詳細な情報を決めていくのが一般的ですが、注文住宅の建設を成功させるためには業者にこだわることが重要です。



では、こだわるポイントですが、予算に合わせた家づくりを提案してくれるかどうかです。例えば1000万円ほどの予算しかない場合、それでも予算に合わせた家づくりをしてくれる業者はいます。・・・そうビルドアートです。



例えば費用は高くなりますが、それでも三角など複雑な形状の土地を最大限に生かして家を造りたい場合、業者によっては技術力があり、施工が可能なところも存在しています。技術力も重要になるので、対応してくれるかについて確認しましょう。








次の記事へ

お問い合わせ&資料請求

お電話でのお問い合わせ&資料請求TEL.042-705-8011

メールでのお問い合わせ&資料請求

お問い合わせ&資料請求