TEL:042-705-8011

注文住宅でこだわりのバリアフリー住宅を!


トップページ > コラム > 注文住宅でこだわりのバリアフリー住宅を!

注文住宅でこだわりのバリアフリー住宅を!

バリアフリー住宅とは


「バリアフリー住宅」と聞いて、一番に思いつくのは高齢者の方や障がい者の方のための住宅ではないでしょうか。しかし現代のバリアフリー住宅は、高齢者の方や障がい者の方だけのものではありません。家族で住む家を考えたとき、やんちゃ盛りのお子様がいる家庭では危険が少なく安全な家ならパパママ世代も安心して子育てや家事ができます。高齢者の方や障がい者の方も安心して暮らすことができる上に介護をする際の負担も少なくなります。そして自分たちが高齢になったときの心配も減らせます。バリアフリー住宅とは、小さいお子様からパパママ世代、そして高齢の方々、障がいをお持ちの方々など、どなたにも優しく安心して住むことのできる住宅です。
具体的にバリアフリーとはどのようなものなのか紹介します。まず、できる限り玄関や各部屋の段差を少なくし、廊下や階段、トイレ、お風呂場などに手すりを設けることです。段差を少なくすることで、つまずきによる怪我を少なくすることができ、車いすの方の場合は行動の制限が少なくなります。手すりがあることで転倒を防ぐこともできます。
次に部屋の出入り口を広くし、家の中を明るくすることです。部屋の出入り口を広くしておくことで身体をぶつけることが少なくなり、車いすでも難なく移動することができます。家の中を明るくし見やすくすることも怪我を防止する上で重要な条件となります。照明の設置や部材の色を変えるなどの配慮をすることで、より安全な家にすることができます。そして生活しやすい間取り、使いやすい機能の器具を設置することも忘れてはいけない要素です。寝室からトイレが近い間取りや押しやすいスイッチ、開けやすいドアノブなど、小さいお子様からご高齢の方まで使いやすい家にすることができます。
さらに、一年を通して温度差を少なくすることも大切です。温度差は誰の身体にとっても大きなダメージを与えます。一年を通して、またどの部屋にいても温度が同じ家にすることによって家族全員が健康的に快適に過ごすことができます。これらのようなバリアフリーの機能を持った住宅を自分の理想通りに建てるには注文住宅がオススメです。

バリアフリーの家を建てるなら注文住宅で!


新しく一戸建てを建てる方法としては大きく分けて3つあります。注文住宅、建売住宅、売建です。それぞれメリット・デメリットがあります。
注文住宅とは購入者のオーダーメイドで家を建てる方法で、一から全て購入者の要望で設計して建てていく住宅のことです。メリットは自由度が大変高く理想通りの家を建てることができ、予算の調節もしやすい点が挙げられます。また建設途中の経過を見ることができるので、現場の責任者と会話しながら不安点や疑問点を解消できるので安心できます。デメリットは自由度が高いため打ち合わせや工事に時間がかかり、購入から入居までに時間がかかる点があります。また土地とのセット価格でないうえ、こだわり過ぎによる予算オーバーが起こりやすいこともあります。
建売住宅とは土地付き一戸建ての状態で売られているものを言います。メリットは建物と土地がセットで売られているので割安の場合が多いことと、実際に住むことを想像しながら納得がいくまで見学ができるので新生活のイメージが掴みやすいことが挙げられます。デメリットは、既に建っている住宅なので、建てている途中経過がわからず、手抜きなどが見抜けない点があります。最悪のケースでは手抜きなどによって余計な出費が必要になる場合もあります。
売建とは既に建っている住宅を買うことに抵抗のある購入者のために考えられた方法で、まだ住宅が建っていない土地を購入し、販売者が用意しているその土地に合った住宅を土地購入後に建てる方法です。メリットは建売住宅と同様に土地と住宅がセットの場合が多く比較的安く購入できることと、建売住宅と違い住宅が建つ前なので多少の変更が可能である点が挙げられます。デメリットは安さを最大の売りにしていることが多いので、販売者が安さ重視の考えに片寄りがちになっている場合がある点です。
これらのメリット・デメリットを踏まえた上でバリアフリー住宅を考えると、注文住宅で建てることがおすすめです。デメリットでも挙げたように、建売住宅は既に住宅が建てられているため理想通りの住宅を建てることができません。また、売建でも既に設計図ができているため大きな変更は難しくなります。家族が納得できる、こだわりのバリアフリー住宅を建てるには注文住宅がいいのです。

バリアフリーの注文住宅、様々なかたち


最近では高齢化の影響からバリアフリー住宅を建てる方が増加しています。現代のバリアフリー住宅は従来のものとは違いユニバーサルデザインを取り入れ、年齢や性別、国籍など関係なく誰にでも使いやすいデザインに進化しています。
車いすで生活している方の注文住宅では、玄関から寝室、トイレに至るまで段差が全くない住宅の建設例があります。障がいの状態によって間取りや仕様を変えられることは注文住宅の利点の一つではないでしょうか。中庭を設けることによって家中に光が行き届く明るい家、また車いすにも対応できるような広いスペースがある住宅も注文住宅なら叶います。
その他にも、小さなお子様がいる家庭では家事をしながら子供達を見守れるように考えられた住宅や、趣味を楽しむために特化した住宅などバリアフリー住宅と一言で言っても本当に沢山の形があります。

次の記事へ

お問い合わせ&資料請求

お電話でのお問い合わせ&資料請求TEL.042-705-8011

メールでのお問い合わせ&資料請求

お問い合わせ&資料請求