TEL:042-705-8011

注文住宅ではお風呂にもこだわれる


トップページ > コラム > 注文住宅ではお風呂にもこだわれる

注文住宅ではお風呂にもこだわれる

注文住宅ではお風呂の設置場所にまでこだわれる


お風呂は一日の疲れを取るためにリラックスの場として必要不可欠です。注文住宅で家を建てるという人の中にはお風呂の設置についてこだわりたいと思っている人もいるでしょう。注文住宅なら特に設置場所をこだわることが可能です。例えば、2階建てなどの場合は1階に必ず設置しなければいけない、ということはありません。近年では2階にお風呂を設置する人も多いと言われていますが、なぜ2階を選ぶ人たちが増えているのでしょうか。ここでは設置場所に悩んでいる人のためにも2階に設置するメリットについて紹介します。
まず1つ目は2階にプライベート空間を持っていくことができる点です。基本的に1階にはリビングなどもあって来客が多い場合には1階でくつろいでもらうことも多いでしょう。しかし、来客中は1階にお風呂があると入ることが難しいのです。特にリビングの隣などに設置していると入ることはさらに難しくなります。しかし、2階への設置なら万が一来客が来ても見られる心配はないので安心です。プライベート空間はできる限り1階と2階で分けたいと思っている人は2階への設置を検討するといいでしょう。
続いて2つ目は動線が近くなるという点です。例えば1階にお風呂がある場合は洗濯機なども近くに設置することが多いですが、物干し竿などが2階にあると動線が長くなってしまい、洗濯物が重労働になってしまいます。何度も階段を上がり下がりしなければならないのは面倒に思う方も多いでしょう。しかし、2階に全て配置すれば動線も近くなり、洗濯物も作業がしやすくなります。動線を考えた家づくりは非常に大切です。特に洗濯物の問題は失敗したと思う方も多いので、作業しやすくするためにも2階への設置を考えるといいでしょう。
3つ目は1階のスペースが広くなるという点です。1階はリビングでなるべく広くしたいと思っている人も多いでしょう。しかし、お風呂場などが1階にあると約4畳から6畳くらいは狭くなってしまうことがあります。逆に2階に設置すれば1階のリビングが4畳から6畳分ほど大きくなるので、広々とした空間を作り上げることができます。1階のスペースが広くなるというのは魅力的です。

快適なお風呂を手に入れるためのポイントとは


これから注文住宅でお風呂の設置について考えるという方もいるでしょう。しかし、あまり知識がない方はどこに設置をすればいいのか迷うこともあります。その中でもここでは快適さを得ることができる設置方法について紹介します。
まず1つ目に考えたいポイントは南側に設置することです。なぜ南側に設置をするといいのかということですが、南側は明るさを入れることができるからです。光を取り込むことができるので、朝や昼間に入っても気持ちよさを感じることが可能です。また日光が入ることによってカビが生えづらいというメリットもあります。日本は季節によって異なりますが、例えば梅雨の時期や雨が多い時期などは湿気がこもりやすくなります。ただでさえ湿気がこもるのにお風呂場は水を使用するのでカビが生えやすくなります。しかし、日光がしっかりと入ってくれれば湿気もこもりにくくなるのでカビの発生も抑えることができます。
2つ目に考えたいポイントは窓についてです。お風呂の窓はなぜ重要なのかというと、今では選択することができる窓の種類が多いからです。後悔しないためにもしっかりと選ぶ必要があります。例えば内開き外開きなどいくつか窓の種類があります。人によっても異なりますが、明かりを取り込みたい、景色を眺めたいなど、快適さのためには窓も重要なポイントとなるので、こだわった方がいいでしょう。このように、快適なお風呂を手に入れるためにこだわりたいポイントはいくつかあります。後悔しないためにも事前にどのようなポイントにこだわればいいのかチェックしておくといいでしょう。

注文住宅の設計で失敗しないために


注文住宅で家を建てると決めた場合には業者との話し合いなどをする機会も多いので、失敗しないためにはどこの業者を選ぶかが重要になります。ここでは選ぶときにチェックしたいポイントについて紹介します。
まずチェックしたいのが要望に応えられるかどうかです。例えば露天風呂を作りたいという要望や、カフェみたいなリビングを作りたいなど人によって要望は異なりますが、難しい要望でもできる限り応えてくれる業者に依頼をした方がより理想的な家を手に入れることができます。
また価格についてもチェックしましょう。例えば業者によっては安くていい家をつくることを目指しているところもあります。予算の問題もあると思うので、選ぶときは価値ある家をリーズナブルにつくれる業者に依頼するといいでしょう。このように、2つのポイントについて話しましたが、これらのポイントは実際に業者を選ぶときに重要なチェックポイントになります。

次の記事へ

お問い合わせ&資料請求

お電話でのお問い合わせ&資料請求TEL.042-705-8011

メールでのお問い合わせ&資料請求

お問い合わせ&資料請求