TEL:042-705-8011

注文住宅の住宅展示場に訪れたときのチェックポイントとは?


トップページ > コラム > 注文住宅の住宅展示場に訪れたときのチェックポイントとは?

注文住宅の住宅展示場に訪れたときのチェックポイントとは?

注文住宅を建てたいなら住宅展示場を利用しよう



注文住宅を建てたい方は、事前に住宅展示場を利用することが大事です。住宅展示場というのは、最新の家が集合している場所なので、どのような注文住宅にするのか決めるにはとても有効です。ただ、1日で何件も回ろうとすると疲れてしまいますし時間もかかってしまいますので、事前にチラシやCMやホームページなどを見て目星を付けておくといいでしょう。



住宅展示場の折り込みチラシやCMなどを見て、好みのハウスメーカーなどをいくつか絞りこんでおき、そして当日にはそこから重点的に見学することで効率良く回ることができます。特に、イベントのときには他にも多くの来客があるので、多くの家をじっくり見る時間はあまりありません。したがって、事前に当日の段取りを決めておけば、効率良く見学することができるので覚えておきましょう。



また、実際に家に入って見学することで、どんなところに工夫をしているのかなどを担当の営業マンから聞くことができます。そのときには、きちんとメモを取ったり写真を撮ったりして、気になったところはきちんと記録を残すようにましょう。また、実際のサイズを数字で把握するために、メジャーを持参するのもポイントです。例えば、毎日料理するときには、キッチンの高さというのは非常に大事なことです。些細なことであってもこれらの数字というのは現実的に非常に大事なものなので、注文住宅の住宅展示場を回るときには実際にどのようなことを重視するのかも決めておき、無駄に見学するのを避けるようにしましょう。このように、何が自分にとって大事なのかをしっかりと見極めることが理想の家作りのためには欠かせないことです。






担当営業マンとの相性もしっかりと見極めることが大事



注文住宅の住宅展示場に行くときには、担当営業との相性もしっかりと見極めるようにしましょう。全てのハウスメーカーというわけではありませんが、実際に展示場に訪れたお客の対応を行った営業マンが、その後の家作りの担当をすることが多いです。したがって、そのときに対応した営業マンとの相性をじっくりと見極めるようにしましょう。



家作りというのは短期間ではなくて長期間に亘るものです。その間ずっと担当の営業マンと打ち合わせをする機会が多くなるので、相性が悪いと意思疎通することが難しくなります。実際に会話をしてみて長くおつきあいができるのか確認するといいでしょう。良い家作りのためには良い営業マンに担当してもらうことが必要不可欠になります。最終的には人が作るものなので、おっくうがらずに営業マンに話しかけて対応を見極める必要があります。



実際に展示場に出かけたときには、目に見えない部分についても積極的に質問してみることが大事です。通り一辺倒だけの説明だけではなくて、きちんとメリットやデメリットなど両面から納得のいく説明をしてくれているのかが大事です。自社のサービスを利用してもらいたいと思っているのはどこの営業マンも同じことですが、顧客の立場に立った中立的な意見や説明をしてくれる営業マンであれば、安心して話をきくことができます。目に見える部分を説明するのは誰でもできますが、目に見えない部分を説明することができるというのは、しっかり勉強しいろんなことを把握していることの証明になります。



したがって、お客のニーズに応えようとする営業マンであれば、他社の技術に関しても日々アンテナを張り巡らせているので、業界のことにも詳しく色んな角度から説明をしてくれます。そのような営業マンを見つけることも、住宅展示場に行く目的の一つです。





展示場を見て回るときの注意点を解説



実際に注文住宅の住宅展示場を見て回るときには、流し見で回るのではなく、しっかり細部まで確認することが大切です。例えば、展示場にセットされている家具というのは単に置かれているだけではなくて、実際に座ってみたり触れたりすることでより具体的にその家での生活をイメージすることのできる小道具です。したがって、単純に営業マンに付いていって部屋を見て回るだけでなく、自分の家にいるかのように振る舞ってみることも大事です。



床やソファに座ってみたり、ベッドがあったら寝そべってみたりすることで、色んな視点から家を見ることができます。つまり、展示場では実際に生活することをイメージして、あらゆる角度から見ることが大事だということです。事前にシミュレーションしておけば、家が出来上がったときとのギャップが無くなりますので、おすすめです。



展示場にあるアイテム類は、オプションが多く点在していることもあります。展示場というのは色んなハウスメーカーや工務店の家が集合しているので、どうしても他社よりも良く見せるために演出をする必要があります。そのため、標準のものではなくてオプションで高価な物を用意していることがあるので、もしも気に入ったものがあったら、営業マンに標準なのかオプションなのかを尋ねてみるといいでしょう。







次の記事へ

お問い合わせ&資料請求

お電話でのお問い合わせ&資料請求TEL.042-705-8011

メールでのお問い合わせ&資料請求

お問い合わせ&資料請求