TEL:042-705-8011

注文住宅を建てるうえでの間取りと坪数の決め方


トップページ > コラム > 注文住宅を建てるうえでの間取りと坪数の決め方

注文住宅を建てるうえでの間取りと坪数の決め方


建ぺい率の問題



マイホームを建てるということは、大変夢があることです。注文住宅にして、自分の満足できるマイホームを建てるということは、一生のうちに1度あるかどうかでしょう。それほど高価なものであり、簡単にできることではないからこそ、後悔のない家づくりをしたいものです。



家を建てる以上、そこには土地が必要で、注文住宅の場合は、土地を用意しなければ建てることができません。ハウスメーカーなどに探してもらうという方法もありますが、自分たちで見つける場合もあります。土地を決めていくうえでは、いったいどれぐらいの坪数を用意するのかという問題にもつながっていきます。実は良い土地があったとしても、どんなものでも建てられるわけではありません。建ぺい率と容積率という問題が絡むからです。



建ぺい率とは、敷地となる土地に対する建築面積の割合を示しています。これがあるということは、100%で建てることはできないということになり、都市計画法という法律で定められているもので、地域によって違います。



60%から40%というところが一般的な考え方になりますが、例えば、50坪の土地を見つけて40%の建ぺい率だとすると、20坪までは建てることができるということになります。数字で見ると、なんだか土地が無駄になっているように見えますが、もしも、50坪に対して建ぺい率が80%だったすると、40坪まで建てることができますが、残りの坪数を考えると駐車場も取りにくく、実用性の問題も出てくるでしょう。



逆に間取りを主体で考えた結果、20坪欲しいというのであれば、建ぺい率40%なら50坪必要ですし、25坪しかない土地なら80%の建ぺい率でないと不可能です。ですが、残り5坪では自由は利きません。こうしたことからも、何でも限界までたてることができればいいというわけではないということがわかります。






建てられる総面積には決まりがある



容積率も注文住宅では重要なポイントです。建築物の延床面積の敷地面積に対する割合で、多階層になればそれだけ床の面積が増えます。これをすべて足したものが延床面積ですので、容積率は、どこまで家が大きくできるのかを考えていく時にひとつの基準になるでしょう。土地によって違いがありますが、一般の住宅を考えた場合、50%から200%程度までかなり幅があります。商業地域などの場合は、実際にもっと容積率をとることができるようになっています。



例えば、容積率が60%と考えてみると、50坪の土地には30坪の総面積しか建てられません。建ぺい率が40%だった場合、20坪ですので、2階建てにするには問題が出てくるでしょう。このように間取りにも大きくかかわってくることなので、希望するイメージに近い家を建てるためには事前に調べておく必要があります。



建ぺい率がいくら大きくても、容積率を上げることができなければ、多階層は建てられません。つまり、容積率が小さくなると、建ぺい率が高くても、建てられる家は限られてしまうということになります。土地が安くてよかったと思っていても、注文住宅を建てることを考えると、不便を強いられる可能性があるということです。



間取りも考えていくと、自ずと必要な面積が出てくるでしょう。一般的な考えとして、1人暮らしの平均的な生活空間は、住む場所によっても異なります。



約8坪から9坪、夫婦と子供2人の4人家族の場合は、最低限必要な広さは24坪程度になります。決して広くはありませんが、最低限の目安として知っておくと役立ちます。更に、人が1人増えるごとに最低限4坪くらいはほしい計算になります。これを基準にすると、40坪もあれば自由がきき、それ以上あれば、相当な余裕が出てくると考えられます。ここから坪数や間取りを考えていくこともできます。




理想をかなえるためには間取りを考える



注文住宅を建てるとすると、理想ということが重要になってくるでしょう。だれもが理想を持っており、家族それぞれの希望も叶えたいものです。そのためには、ある程度の大きさも必要になってきますが、動線を考えていくのも大切です。



考え方はいろいろとありますが、まずは自分たちの活動を見なおしてみることが必要です。アウトドアが好きであったり、子供たちが野球をしているといったことをどんどん出していきます。



ガーデニングが好きといったことや、親戚が集まりやすいといった要件もあるでしょう。こうした情報から、どんな生活をしていくのかがわかります。行動も見えてくるようになるため、動線ということがわかるようになるはずです。



アウトドアが好きなのであれば、車から荷物をおろしやすく、管理できる場所が近い方が良いでしょう。ガーデニング好きなのであれば、リビングから庭が見えるといったことです。



人が集まりやすいのであれば、家族の部屋の場所についても考えましょう。玄関とリビングの動線上に部屋があると、プライバシーはなくなってしまいます。こういった視点で考えていくと、本当に必要な大きさも見えてきます。そうすることで必要な間取りが見えてくるようになり、ひいては必要な坪数もわかってくるため、土地を見つけるヒントにもなります。






次の記事へ

お問い合わせ&資料請求

お電話でのお問い合わせ&資料請求TEL.042-705-8011

メールでのお問い合わせ&資料請求

お問い合わせ&資料請求