TEL:042-705-8011

注文住宅を建てると決めた人が確認したいこと


トップページ > コラム > 注文住宅を建てると決めた人が確認したいこと

注文住宅を建てると決めた人が確認したいこと

注文住宅を建てると決めたらまず何を確認したいか



夢のマイホームを建てるためには注文住宅を選択する人が多いかと思いますが、家の購入は決して安いものではありません。できる限り後悔をしたくないと思っている方も多いでしょう。家を建てると決めたら、どんなデザインにするのかなどを決めるのもいいですが、その他にも確認したいことはいくつかあるので、ここでは家を建てると決めたらチェックしておきたいポイントについて紹介します。



まず、家を建てる時に大切なこととしては流れを知ることです。例えばはじめて料理を作るという場合でも、レシピなどがないと何も分からない状態で作れないという人がほとんどでしょう。家も同じように、どんな流れなのかを把握しておかないと失敗をする可能性があります。



建てる流れを事前に知っていれば、どこで設計の計画を立てて建設が始まるのかなど知ることができ、焦ることがないので、急に決めてしまって後悔をしているという状態になることはありません。せっかくオーダーメイドで自分の好みの家を建てられるのが注文住宅なので、失敗しないためにも流れの確認は忘れずに行いましょう。



次に確認したいのが資金計画です。例えば、分譲住宅を購入する際には土地と建物の費用がセットになった価格が表示されており、オプションなどを付けてもそれに近い価格で購入することができるので資金計画はしやすいのが特徴です。



しかし、注文住宅は簡単に言えば一からの建設になるので、計画の段階では具体的な金額を出すことができません。そのため、はじめに予算を決めずに好みの資材や設備ばかりの選択に目が行ってしまうと、必要な費用は膨れ上がってしまいます。まずは予算を決めて、それに合う家の計画を立てていくことが大切になるので、資金計画ははじめの段階で家族と話し合って決めるようにしましょう。



続いて家を建てると決めたら確認しておきたいのが土地です。人によっては、既に所有している土地に家を建てるという人も多いですが、既に所有している土地に家を建てるという人は地盤のチェックは忘れずに行なっておく必要があります。基本的に地盤が緩いと、どれだけ建物に費用をかけても崩れやすくなります。基本は地盤からになるので、建物ばかりに目を向けず、所有している土地は本当に大丈夫かを調べ、問題が無かったら建物の計画に入りましょう。このように、家を建てると決めたときにはチェックしておきたい確認項目はいくつかあります。




家を建てる時には契約時に注意しよう



注文住宅でマイホームを建てる時には、基本的に業者と契約を結ぶのが一般的です。とは言っても、家を購入するのは人生でも一回あるかないかなので、初めて契約を結ぶ方も多いです。そのため、何も考えずに契約まで進める方は多いですが、確認したいことはいくつかあるのでその中でも注意することについて説明します。



まず1つ目は、契約内容はハッキリとさせることです。なぜ、ハッキリさせないといけないのかというと、曖昧な契約書にサインとしてしまうと悪徳業者に騙されてしまう可能性もあるからです。基本的に悪徳業者は少ないですが、数千万円以上する高価な買い物になるので、曖昧な契約書にはサインはしてはいけません。



すぐにサインをしないためにも、どんな内容かを確認して自分が納得した上でサインをするようにしましょう。続いて2つ目は、支払方法の確認です。注文住宅を購入する際には様々な支払方法があります。人によってはローンを組む場合もありますし、一括で支払いをする人もいます。様々な方法があり、それぞれ人に合う方法が異なるので、支払方法も契約で失敗しないためにも事前に確認することが大切です。



最後に確認したいのが、住宅の引き渡し日です。これも契約の時に引き渡し日が決められますが、中には曖昧な引き渡し日が記載されていることがあります。例えば引き渡しの遅延は仮住まいの契約が切れてしまったり、新しい学校の入学が間に合わなくなったりする可能性もあるので、しっかりと契約書の確認をすることが大切です。このように、契約で確認したいポイントは大きく分けると3つあります。




ビルドアートでは分からないこと、不安に思うことは徹底的にお伝えします。なかには業界の裏話のようなことも出るかもしれませんね(笑)






次の記事へ

お問い合わせ&資料請求

お電話でのお問い合わせ&資料請求TEL.042-705-8011

メールでのお問い合わせ&資料請求

お問い合わせ&資料請求