TEL:042-705-8011

駐車場の設計で考えたいこと


トップページ > コラム > 駐車場の設計で考えたいこと

駐車場の設計で考えたいこと


駐車場の設計で考えたいサイズについて



注文住宅を建てる時には打ち合わせをしてから実際に建物をつくることになり、その後は理想のマイホームが完成するのを待つだけとなります。楽しみに待っている人は多いですが、実際に出来上がって住んでみたら快適に暮らせる環境ではないと失敗する例もあります。



失敗する理由としては計画をしっかりと立てていないからです。特に注文住宅はオーダーメイドに近い形になるので、どのように建てるのか計画を慎重に立てないと快適に暮らせる家づくりはできません。色々と考えたいアイデアもありますが、その中でも駐車場のサイズは特に考えた方がいいでしょう。



なぜ、駐車場の設計を考えた方がいいのかというと、例えばいざ車を停めようとしたら「サイズが合わなくて停めることができなかった」とか、「停めることができてもドアを開けられるスペースがなくて車から出られない」など、余裕のない駐車場が出来上がってしまう可能性も出てくるからです。



車を所有している人も多いので、しっかりとサイズについては考えて計画を立てた方がいいでしょう。特に注意したいポイントとしては幅や位置です。まず幅について話しますが、例えば5ナンバーの場合はサイズが長さ450センチ以内で幅が168センチ以内です。最低でもこのサイズに前後50センチずつ、左右に65センチずつ広げた大きさは必要になります。このように、幅は車の大きさを考えて選ぶことになりますが、車の大きさよりも広いスペースは必要になるので、車一台の駐車に最低限必要なスペースはどのくらいかということを把握しておくといいでしょう。



幅は重要なポイントになりますが、位置についても考えるようにしましょう。例えば車を停める台数によっては駐車場の位置だけではなく、建物も全体的にずらすことが必要になる可能性もあるので注意が必要です。実際に今は一台でも後々二台持つ予定があるのであれば、前もって業者に相談をする必要があります。



このように、位置や幅などはしっかりと考えないと失敗する可能性も出てきます。特に注文住宅でオーダーメイドで作成するなら考えておきたいポイントです。





限られたスペースで車を2台停めるために考えたいこと



土地によっては限られたスペースしか用意することができず、なかなか車2台を停めるのは難しい場合もあります。しかし、今の時代は車を2台所有している家庭は多くなっています。こういった場合には限られたスペースで2台停められる方法を考えなければなりませんが、ここで知っておきたいのが駐車の種類です。



駐車場を広くすることばかり考えがちですが、駐車の仕方によっては限られたスペースでも2台停めることが可能になることもあります。家を建てる時には役に立つので、ここではどんな種類があるのか説明します。



まず1つ目は直角駐車です。これは前面道路に対して直角方向に駐車をする方法です。道路に対して直角になるので前向き駐車もバック駐車も入れやすくなります。限られたスペースでも駐車しやすい環境になるので、直角駐車で駐車場の設計を考える人は多いと言われています。



2つ目は並列駐車です。これは道路に対して平行に駐車する方法ですが、これはどちらかというとスペースが広く必要になる駐車方法です。並列駐車を限られたスペースで選ぶ人もいますが、基本的にこの駐車方法は広いスペースがある場合に採用される方法なので、特に限られた狭いスペースで2台停めるのは難しい駐車方法です。



3つ目は縦列駐車です。これは駐車場の間口があまり取れない時に採用する停め方で、例えば今は1台しかないけど将来的に2台停めたいという方にはお勧めの駐車方法です。直角の駐車場よりスペースを必要としないので、限られた狭いスペースには向いている方法です。このように、限られたスペースで2台停めるためには駐車方法も頭に入れておくと設計の時に失敗することはありません。特に知識がない方は知っておくといいでしょう。




知識がなくても業者の良し悪しを決める判断材料は実績ではないでしょうか。あまり実績がないところに依頼をしてしまうと、知識や技術があまりなく、思い通りのマイホームを建てられない可能性もあります。そうならないためにも実績が豊富にある、信頼できるハウスメーカーへの依頼を検討しましょう。






次の記事へ

お問い合わせ&資料請求

お電話でのお問い合わせ&資料請求TEL.042-705-8011

メールでのお問い合わせ&資料請求

お問い合わせ&資料請求