TEL:042-705-8011

魅力ある神奈川県というエリアに注文住宅の建築を考える


トップページ > コラム > 魅力ある神奈川県というエリアに注文住宅の建築を考える

魅力ある神奈川県というエリアに注文住宅の建築を考える


予算の調整ができるのも大きな魅力



神奈川県で注文住宅の建築を考えているという方は多いです。暮らしやすく、自然も豊かで都心への通勤も便利という地域なので、世代を問わず神奈川県に暮らしたいと考えている方も多いでしょう。




建設する予定の住宅が注文住宅の場合、予算がかなりかかる、建売よりもずっと費用がかかるというイメージがありますが、造り方によって予算も大きく変わります。例えば設計段階で予算がオーバーするかもしれないという時には、家族が拘りのある部分は別として、この部分なら別のものにしてもいいという譲れる部分を違うモノに変更する等、予算の変更、調整ができるというのも魅力です。



また、コストを少なくするために最も予算を削る事が出来る部分はどこかというと、間取りを変更するという事です。部屋数を少なくすることで利用する建材も少なくなります。部屋が多ければその分、ドア、壁などが必要となるので、部屋数が少ない方が予算を低くすることができます。




設備についても最新設備を設置する予定という事なら、一段階古いものにするなど調整します。ひとつ前のものでも、十分な機能を持っていますし、最新設備というのは値が下がっていない商品なので、どうしてもこの機能が欲しいという事がないようなら、「設備のランクを落とす」「一つ古いものに変更する」という事でもかなりコスト削減となります。複雑な構成にすることでより一層予算がかかりますので、シンプルな構成に変更するという事も予算を調整する手段となります。



少し面白いデザインの部屋を作りたいと考えていたけれど、シンプルなデザインにして、仕切りなどを利用してリーズナブルに調整する事も可能です。



複雑な部分をなくしシンプルな作りにすることで、予算を自由に変更できるという事、設備のランクを落とすなど調整してみること、また部屋数を減らすという事も考えてみると、予算内で暮らしやすい住宅になります。





ライフスタイルを考えた家づくりをするために



神奈川県は横浜という観光地があり、鎌倉という歴史的な場所もあり、茅ケ崎など若者の集うスポットもあり、非常に魅力ある地域です。東京都に次ぐ第二位の人口を誇り、都心への通勤圏に属しているエリアも多数あるので、通勤通学という事を考えても非常に魅力ある地域といえるでしょう。



そんな神奈川県で注文住宅の建築を予定しているなら、まず家族のライフスタイルを考えてみます。お子さんがいるという場合、保育園に行く、小学校、中学校に行く、さらに高校、大学への進学という事も考えるべきです。



神奈川の場合、県内に学校も非常に多く、また大学進学という面でも県内、都心へ行くという事が出来、理想的な環境です。通勤面も考えなくてはなりません。通勤の為には駅がほど近くにあるのが理想的ですし、バスなどの交通網、また道路事情などもできればいい方が暮らしやすいです。



もしご家族の中に介護が必要な方がいるという事なら、介護施設が近くにあるとか、また住宅についてもバリアフリーにすることが求められます。




お子さん、ご夫婦、またご両親などの暮らしを考えるとどういった住宅にすればいいのか漠然と浮かんできます。



こうしたライフスタイルを考えて、こういう住宅がいいという条件をかき出し、実現できるものは何か?という事を工務店や建築会社などに相談してみるといいでしょう。実際にプロが見て、これはちょっと無理だという場合もありますし、土地によってできること出来ないこともあります。



ライフスタイルに合わせて条件を考えてみて、その上で相みつを取る業者に相談に行くと次第に注文住宅の形が見えていきます。






建築途中の家を見に行くという事は大切です



業者さんに注文住宅建築の相談に行った時、もしも建設途中の住宅などがあるようなら見学に活かせてもらいましょう。建売住宅とは違い注文住宅は外観も内装も、建設されるご家族によって全く違いますが、どういった家を建築しているのか見に行くという事は非常に勉強になります。




施主ではない人が見学に行くのですから、働く方々は通常通り働かれていると思います。施主が見に行くとなれば、職人さんも気を使いますが、そうではないのでいつも仕事している状態を見ることができます。職人さんは安全面などについてしっかり装備をしているでしょうか。



また現代には少なくなりましたが、くわえたばこで作業しているような人はいないか、作業がおざなりになっていないか、丁寧に仕事しているか、こうした見学ととおして、その業者の質も見えてきます。住宅建築も建売住宅を購入するという場合も、普段のお買い物とは全く違う大きな予算がかかります。



その費用は建築が決まってから自分たちが払っていくものです。高い費用を払って夢の建築を実現してもらうのですから、よい作業をしてもらわないと困ります。



最近はこうした施工に厳しい業者が非常に多くなっており、現場でしっかりと安全面や丁寧な作業をするようにと厳しくチェックする監督も多くなっています。



しかし、まれにそうではない業者もいますので、建築途中の住宅があるようなら見学させてもらう方がいいのです。自分たちの住宅の建築がはじまったら、面倒でも何度となく足を運び、その作業を見てください。



変更したいという箇所なども、こまめに見に行けば施工途中でも間に合うかもしれません。








次の記事へ

お問い合わせ&資料請求

お電話でのお問い合わせ&資料請求TEL.042-705-8011

メールでのお問い合わせ&資料請求

お問い合わせ&資料請求