神奈川・横浜で注文住宅を建てるなら相模原のビルドアートへ

スタッフブログ

横浜注文住宅のビルドアートTOP > コラム

「2020年の家」

Date:2016年9月1日 / Category:よくわかるお家講座コラム

皆様、こんにちは。広報の服部です。

突然ですが、2020年といえば「東京オリンピック」の年ですよね。

では、その東京オリンピックがある、2020年に「家」はどうなっているのか?ということについてお話ししたいと思います。


昨今、コンピューターなどのITのテクノロジーの進化が著しいですよね。

数十年前は大規模な設備を必要としたコンピューターも、今や手のひらにおさまるスマートフォンへと進化を遂げました。

「家」も、その歴史をさかのぼると様々な「進化」を遂げてきました。

日本では「在来軸組工法」という工法が主流でしたが、20世紀後半になると「2×4工法」が国外より入ってきて、今では主要な工法として

広く知られています。

もちろん「家」に関連する各種設備も、格段に進化してきました。

「太陽光パネル」もその一つです。

住宅用の太陽光パネルは、1993年ごろより導入されましたが、当時は非常に高価なもので、とても一般の家庭が導入できるようなものでは

ありませんでした。

その後2008年ごろになると、価格が安定していき、現在では太陽光パネルを住宅に導入するのはもはや一般的なこととなっています。

では、これらを踏まえて、「2020年」の「家」はどのようなものとなっているのでしょうか。

その答えの一つが

ゼロエネルギーハウス=ZEH

 

です。

私達は普段生活している中で、様々なエネルギーを消費していますよね。

それは住宅においても同様です。

この「ゼロエネルギーハウス」とは、「一次消費エネルギー」を賞味ゼロ以下にするという家のことをいいます。

ではどうやってエネルギーを「ゼロ」にするのか。

それは、エネルギーを創り出す「創エネ」と、エネルギーの消費量をおさえる「省エネ」の二つによって、使用するエネルギーを相殺すること

により可能にします。

もっとわかりやすい例えにしますと、食物の自給自足を、エネルギーの自給自足に置き換えると、理解しやすいとおもいます。

エネルギーを創りだすためには、「太陽光パネル」によるエネルギーの発電。

エネルギーの消費量を抑える為には、窓や断熱など家の構造を計算をし、グレードの高いものとします。

これらが揃って、2020年の家=「ゼロエネルギーハウス」が実現するわけです。

この「ゼロエネルギーハウス」は、家のランニングコストを縮小し、環境にも優しい家です。

「ゼロエネルギーハウス」、良さそうではあるけれど、きっとすごく高いんじゃないかと思われることと思います。

たしかに、大手ハウスメーカーなどで「ゼロエネルギーハウス」を建てようとすると、結構なお値段がします。

しかし、ビルドアートは違います。

ビルドアートでは「ゼロエネルギーハウス」を、大手ハウスメーカーより圧倒的にお安く建てることができます。

もし、「ゼロエネルギーハウス」にご興味がございましたら、是非一度、お話だけでも良いので、どうぞ遠慮なさらず、資料請求やお電話でお

問い合わせください。


家づくりについて相談したい!だけでも大歓迎ですので、お気軽に資料請求、お電話お待ちしております!


Tel:042-705-8099

資料請求はこちらから



また、ビルドアートではSUUMOにも情報が盛りだくさんです。是非ご覧ください!

SUUMO

「お客様の声」のページを新設致しました!

Date:2016年8月30日 / Category:コラム日々の出来事

皆様、こんにちは。

広報の服部でございます。

ビルドアートのHPでこの度、新しく

「お客様の声」のページ



を新設致しました。

メニューの「ビルドアートの家づくり」の中に「お客様の声」のボタンがあるので、そこからご覧下さいませ。


voice


お客様の声



ビルドアートでは、お引渡し時にお客様にアンケートを記入していただいております。

お褒めの言葉もたくさん頂く一方、改善点などのご指摘も頂いております。

よくある「お客様の声のページ」には良いことばかりがかかれているものが多いですが、ビルドアートでは、皆様の本音を、そのまま載せております。

皆様ぜひご覧下さいませ。

家づくりについて相談したい!だけでも大歓迎ですので、お気軽に資料請求、お電話お待ちしております!


Tel:042-705-8099

資料請求はこちらから



また、ビルドアートではSUUMOにも情報が盛りだくさんです。是非ご覧ください!

SUUMO

ビルドアートの最長60年保証について

Date:2016年8月25日 / Category:コラム

皆様、こんにちは。

本日は、


「最長60年の保証」



について説明させて頂きます。

皆様は、「住宅瑕疵保険」(じゅうたくかしほけん)についてご存知でしょうか。

ご存知の方には手前味噌な話になってしまいますが、この「住宅瑕疵保険」についてまずは説明させて頂きます。


「住宅瑕疵保険とは?」



耐震性能に重要な「構造耐力上主要な部分」や、雨漏りなどが起きないための「雨水の侵入を防止する部分」 = 「瑕疵」と言います。

要するに、「瑕疵」とは、家の基本的な部分になります。

「瑕疵保険」とは、もし住宅を購入した際や、新しく建設工事をした際などに、この「瑕疵」部分に対しての重大な欠陥からお客様を守るための保険のことをいいます。

通常こちらは「10年」が義務付けられていますが、ビルドアートでは「20年」を今後標準とします。また、


ビルドアートの保証は最長で「60年」まで延長することができます。




この「60年」という長い間にわたり保証を可能にするのは、我々ビルドアートが自分たちの「家づくり」に確かな自信があるからです。この自身があるからこそ「最長60年」の保証を実現します。

住宅は普通の買い物とはわけが違います。私たちは、「家」というお客様にとっての一生の買い物に対し、「最長60年の保証」という形で、一生のお付き合いをしていきたいと思っております。

こちらの「60年保証」の資料もございますので、下記お問い合わせリンクから、お問い合わせフォームの備考欄に「60年保証の資料希望」とご記入頂ければ同封させて頂きます。


家づくりについて相談したい!だけでも大歓迎ですので、お気軽に資料請求、お電話お待ちしております!

Tel:042-705-8099

資料請求はこちらから



また、ビルドアートではSUUMOにも情報が盛りだくさんです。是非ご覧ください!

SUUMO

作業現場のご紹介2

Date:2016年8月21日 / Category:よくわかるお家講座コラム

皆様、こんにちは。今日も本当に暑いですね。明日は台風が上陸するとのことですので、皆様もお気をつけになって下さい。

さて、今回も先日に続き作業現場のご紹介です。

普段何気なく町を歩いていたり車に乗っていると、工事をしている場所があると思います。そんな工事の現場で何をやっているのかぜひ、ご覧ください。

まずは「基礎」の写真です。


unnamed

「基礎」は住宅を支える重要な箇所です。ここで問題が起こると、家自体にも影響が出ます。
ですので、この「基礎工事」は非常に重要な工程なのです。

次にご覧いただくのが家の「枠組み」の写真です。弊社は2×4工法を得意としますが、もちろん在来工法も同様に得意です。


001 (1)

まるで積み木みたいでおもしろいですよね。

いかがでしたでしょうか。今後もこういった作業現場の説明を行いますので、建築の様子をビジュアルで見て頂ければと思います。


家づくりについて相談したい!だけでも大歓迎ですので、お気軽に資料請求、お電話お待ちしております!

Tel:042-705-8099

資料請求はこちらから



また、ビルドアートではSUUMOにも情報が盛りだくさんです。是非ご覧ください!

SUUMO

作業現場のご紹介

Date:2016年8月18日 / Category:よくわかるお家講座コラム

皆様、こんにちは。暑い日が毎日続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

本日は、ビルドアートで建てさせていただいている現場の様子をご紹介いたします。

今回は住宅の「断熱工事」の様子をご覧ください。

ビルドアートでは、断熱材に「発泡ウレタン」を使用しています。

発泡ウレタンは安価なグラスウールに比べて、その断熱性能に定評があります。

ビルドアートではこの「発泡ウレタン」を標準仕様としております。

発泡ウレタンを吹付している様子です。このような防護服を着て作業を行います。

発泡ウレタン①
吹付けした発泡ウレタンはこのように発泡スチロールのように壁の隙間を残さず埋め尽くします。R字の部分などもカバーします。

発泡ウレタン②
最後に余分な部分をそぎ落とし、作業は完了します。

発泡ウレタン③
家の内部の構造はこのようになっているんです。


また、ビルドアートではSUUMOにも情報が盛りだくさんです。是非ご覧ください!

SUUMO

ウッドデッキは好きですか?

Date:2016年7月31日 / Category:よくわかるお家講座コラム

皆さん、こんにちは。昨日は土曜の丑の日でしたね。皆さんは鰻食べましたか?

さて、今日は、ビルドアートのお客様でも大変人気の「ウッドデッキ」についてのお話です。

「ウッドデッキって?」

地面から高さを設けた木材で作られた甲板のことをいいます。

ウッドデッキでは、夕涼みをしたり、バーベキューをしたり、日光浴をしたり色々な楽しいことができます。

ウッドデッキは皆さんご存知だと思いますが、ではウッドデッキは建築基準法的にどのような扱いなのかご存知でしょうか?

まず、1階部分の庭に面した部分にウッドデッキを設けることについては建築面積の制限である「建蔽率」「容積率」には含まれません。

では、2階に設けるウッドデッキはどうでしょうか。2階に設けるウッドデッキは結論から言いますと、「建蔽率」に含まれます。しかし、含まれない場合があります。それは、「雨が降った時に、水がそのまま通り抜けるすのこ状」の場合です。こういったウッドデッキは「建蔽率」に含まれません。しかし、ここで一つ問題があります。

2階のウッドデッキについての基準は、建築地の行政によって判断基準が様々であるということです。少し前までは、上記のウッドデッキであれば、「建蔽率」には含まれないという共通認識で良かったのです。しかし最近は「2階に設けたウッドデッキは全て建蔽率に含まれる。」という市町村が増えています。

このような理由から、ウッドデッキをもし2階に作りたい場合は、「建蔽率」を考えなくてはなりません。

話は1階のウッドデッキに戻りますが、システムウッドデッキなど、やっぱりウッドデッキを付ければよかった!という時に後付けできるものもホームセンターなどに売っています。また、最近ではDIYで自分で作ってしまう人も増えているそうです。
41SA9AiUmBL このようなものが売ってます。

今回のブログのポイントは、

①ウッドデッキは1階、2階のどちらに設けるかで「建蔽率」が関わる。

②1階のウッドデッキは後付けもできる

の2点です。

自分たちのライフスタイルを考えて、「ウッドデッキ」が必要かどうか考えるのが大切ですね。


ビルドアートの情報はSUUMOにも盛りだくさんです。

是非ご覧ください。

SUUMO

ビルドアートの営業ってどんな人?

Date:2016年7月29日 / Category:コラム日々の出来事

皆様こんにちは。今年の4月よりビルドアートに新卒1期して入社致しました、服部と申します。今回のブログから不定期「新卒日記」を書きたいと思います。

今回は「営業」の先輩のことについて書きます。

先日先輩に勉強の為に、お客様とのお打ち合わせに同行させて頂く機会がありました。

皆様はSUUMOなどのランキングで「家を買う決定打ランキング」などの記事をご覧になったことがあると思います。よく上位にランクインしているのが、「営業担当の人柄」です。

日々の業務や今回の同行を通して、この「営業担当の人柄」に関して、ビルドアートは絶対にどこにも負けないと感じました。

住宅業界の営業担当でよく言われるのがが、「契約したら終わり」という人が多いということです。

しかし、ビルドアートの営業担当は違います。


「一生のお付き合い」

 

家を購入するほとんどの人にとって、家は一生のものです。

ビルドアートで建てていただいたお客様は、本当の家族というわけではありませんが、その位の真心を持ってビルドアートは家づくりをしています。ビルドアートは社員一人一人がこの理念の基に働いています。

弊社の営業担当は、お客様と本当に親しい関係を築かせて頂いております。

私もお客様と良い関係を築けるよう、日々頑張らねばと思います。

ビルドアートの情報はSUUMOにも盛りだくさんです。

是非ご覧ください。

SUUMO

【梅雨時期の洗濯物ってどうしてますか?】

Date:2016年7月21日 / Category:おすすめアイテムコラム

皆さんこんにちは!設計部のAです!

今回は、梅雨時期の洗濯物をどうするかについてのブログをお届けします!

 

室内物干金物の設置を希望するお客様が増えています

 

共働き家庭の増加で夜に洗濯機を回して室内で干しておくスタイルが増えていますね。
我が家も共働きなので、帰宅してから洗濯機を回している為、
どうしても洗濯物を干す場所が室内になってしまいます。
最近お天気も変わりやすいので、突然の雨のことなどを考えると、
実は日中もあまり外へ出していません。

そこで天井から取り外し可能なポールをぶら下げて物干竿を通して使用する室内物干金物を設置しており、とても重宝しています。
最近では、ほとんどのお客様がご希望しているように感じております。

浴室に暖房乾燥機がついているのですが・・・
夜お風呂に入る時に干してある洋服を移動するのが面倒くさくて・・・
意外と使ってません・・・。

急な来客時にも、竿とポールを外してしまっておけるのでとても便利です。

梅雨の時期で雨の降る日が続いても、下に新聞紙を敷いておくと結構カラカラに乾いてくれます。
春の時期には、花粉症の方にもおすすめです。

窓枠につけるものから、ワイヤー式、天井に埋め込んで自動で竿が下りてくるタイプまで
意外と幅広くラインナップされています。最近のおすすめは「ブルックリンランドリール」という商品です。
ぜひご検討してみてください。

71pOYntgeBL._SL1000_
51Dvabn9zdL  
「ブルックリンランドリール」の写真です。


ビルドアートはSUUMOネットでも施工事例を掲載しております。ぜひご覧ください!
SUUMO

「B・SMART」ビルドアートのZEH(ゼッチ)のお家

Date:2016年6月3日 / Category:コラム日々の出来事

皆様こんにちは。
本日は、前回のブログで告知いたしました、2020年のZEH標準化という政府目標に対応するために新たな商品を開発いたしました。

経済的で、人にも環境にも優しい家 ビルドアートのZEH(ゼッチ)の家「B・SMART」です!!


ZEH ゼッチ 注文住宅神奈川

ZEH ゼッチ 注文住宅神奈川



省エネにより消費電力を減らし、太陽光発電で電気を創り上げることにより「エネルギー収支を0以下にする」ことが可能な家がこの「B・SMART」です

0以下にできるのは次のつの理由があります。


B・SMARTのメリット

 

1・太陽光発電

 

(質の良い国産の太陽光パネルのみを使用しているので安心です。)

 

2・HEMS

(通常見える化しかできないところを、弊社のタブレットでは無駄な電力のカットや使っていない電気を消すなどの管理が可能)

 

3・ポリウレタン吹付けによる高気密+高断熱

(水分を含みやすくカビが壁内に発生する可能性のあるグラスウールとは違い、水分をカットするので健康に過ごせるのががポリウレタン)

これだけでは終わりません。


・蓄電池の後付けが可能

 

・ハイブリット車や電気自動車などからの送電機能(車種を選びません)

 

 
B・SMARTのお家に暮らすと、大きく次の3つのメリットがあります。

 

1・経済的メリット(省エネによる節約効果・太陽光発電による売電)

 

 

2・地震の際などの停電の心配がない

 

 

3・家族の節電意識

 

 
実際に前回のブログでご紹介したお家はこの「B・SMART」のお家です。
冒頭でも記述したように、政府が国内の住宅を2020年のZEH(ゼッチ)標準化・2030年のZEH(ゼッチ)平均化にするという政策を打ち出しています。
ここから言えることは、2020年以降、新築でもZEH(ゼッチ)仕様でない家は資産価値が下ることになります。逆に言えば、ZEH仕様は資産価値が下がりにくいということになります。
ビルドアートでは、経験に裏打ちされた「デザイン力」「施工力」そして「コストパフォーマンスの高さ」でこの「B・SMART」を提案致します。
経済的で、人にも環境にも優しいこのビルドアートのZEH(ゼッチ)の家「B・SMART」 。ぜひお問い合わせください。


B・SMARTのページはこちらから!

 

また、ビルドアート本社社屋で、実際に蓄電池とHEMSを使用したデモンストレーションを体験して頂けます。ぜひ一度ご来場くださいませ。

ここがヘンだよ日本の住宅        (第2回)日本の家が短命な理由

Date:2013年9月5日 / Category:コラム

みなさんこんにちは。

ビルドアートの小倉です。

 

ここがヘンだよ日本の住宅(第2回)といたしまして、

今回は、日本の住宅が短命な理由について考えてみたいと思います。

 

日本の住宅が平均20数年で建て替えられてしまっている、その原因はたくさんあります。

 

土地が狭く、万人が快適に使うことができない間取り、設計

高温多湿な気候、家の寿命を短くする新建材やアルミサッシ

販売者、購入者の意識の低さや住宅行政・・・

 

様々な原因について、ここで細かく触れることはしませんが、

結局のところ、日本の住宅が20数年しかもたないのは、

「20数年しか価値が続かないから」だと思います。

それどころか、建てた瞬間から建物の価値は下がり始め、10年後にはゼロになり、20年後にはマイナス(修理や取り壊しに費用がかかる分、残債があればその分も)になっているというのが実際のところでしょう。

 

下の写真を見て下さい。

 

 

  
 

 
 

言うまでもありませんが、上が海外の街並、下が日本の街並です。

 

こうして比較してみると、なんだか悲しくなってしまうのは私だけでしょうか?

 

日本でも、ここ最近になってようやく200年住宅とか、長期優良住宅とか言われるようになりました。

とても望ましいことですし、実際に住宅の性能が向上し、高耐久・長寿命化していることは確かでしょう。

 

しかし、建物の性能が上がれば、住宅は100年、200年もつのでしょうか?

 

答えはNoだと思います。

 

考えてみて下さい。

例えば、100円均一で買ったプラスチック製のコップを100年使い続ける人がいるでしょうか?

いませんよね?それは100年もつ耐久性はあっても、100年もつ価値がないからです。

上の写真のような街並を見ていると、今の日本の住宅にも同じことが言えるのではないかと思ってしまいます。

 

100年前から使われているものというのは、先程の例で言うと、有田焼とか益子焼みたいな(全然詳しくありませんが)職人さんが心を込めてつくったものだけですよね。

長く大切に使いたいと思わせる価値があるものだからこそ、代々受け継がれて100年、200年と使われていくのだと思います。

 

ただ性能を上げるだけではなく、100年後、200年後にも通用するような価値を創造する。

そんな家づくりができたらと考えています。