神奈川・横浜で注文住宅を建てるなら相模原のビルドアートへ

施工事例

横浜注文住宅のビルドアートTOP > 施工事例 > レトロ+モダンなデザインの遊び心を詰め込んだ家

FILE.17レトロ+モダンなデザインの遊び心を詰め込んだ家

神奈川県 Y様邸
敷地面積:129.46m2  延べ床面積:119.23m2
タグ:

家全体が緩やかにつながる空間デザイン 白が際立つ清潔感のある外観に、細身の窓がスマートな印象を与えつつも、カントリー調のウッドフェンスやレトロチックなデザインのポストが可愛らしさをプラスしました。室内も全体的に白を基調とした清潔感のある内装で統一しつつ、居室ごとに異なる色やデザインのクロスを採用し、扉を開けるごとに雰囲気の変化を楽しむことができます。また玄関脇に大容量のシュークローク、1階の全ての洋室にウォークインクロゼットを配置するなど、収納も充実。家族が増えてもゆとりを持って暮らせる仕様となっています。深みのある木製のステップとブラックのスチール手摺を組み合わせたストリップ階段を上ると、木製クロスの勾配天井と白い内壁が心地よく調和する開放的なリビングに。勾配天井の先にロフトがあり、また階段の袖壁にも窓を配置することで、家の中が緩やかにつながっているように感じることができます。また、リビング脇には下部収納を備えた小上がりの畳スペースもあり、ちょっとひと息つきたい時にぴったりの癒しの空間となっています。バルコニーにはベンチ風のブランコも設置するなど、子どもも楽しく暮らせる工夫もあり、毎日、家族の笑顔が絶えません。

DSC_3048
 

DSC_3053
しっとりとした風合いを感じるカントリー調のウッドフェンスと、ネイビーブルーのレトロチックな郵便受けがキュートなアクセントに。

DSC_3102
ダークブラウンのフローリングとストリップ階段のステップに、細身の黒いスチール手摺りが落ち着きを与えます。4層のフレームが組み合わさったスチール手摺りはデザインもさることながら、利用者が慎重に合わせて掴む位置を変えることができるようにもなっています。階段下には小窓を設け、日がさしている時は柔らかく足元を照らす天然の照明の役割もはたしています。

DSC_3146
玄関脇に設けた大容量のシュークローク。子どもが大きくなったら三輪車や折り畳みの自転車を置いても十分な広さを確保。アーチ状の入り口もおしゃれなアクセントになっています。

DSC_3170
勾配天井とバルコニーに面した大きな窓が開放感を感じさせる2階リビング。天井にも木製クロスを貼ることで、木のぬくもりに包まれたような優しい空間に。軒裏にもリビング同様に木製クロスを貼ることで、リビングとバルコニーを連続した空間に見せている点も、空間の広がりを感じさせる工夫のひとつです。

DSC_3199
リビング脇に配置した小上がりの畳は子どもが横になったり、ちょっと一息つくのにぴったりの癒しのスペース。手前に引き出し、奥の畳を持ち上げた下にも収納スペースを設け、座布団などをしまっておけるようになっています。

DSC_3194
このように小さな子供が遊ぶ場所にもぴったりです。

DSC_3167
2階のバルコニーに設置した特注の造作ブランコ。白く塗装した可愛らしいデザインで、ベンチとしても活用できる。晴れた日に親子並んで座って、絵本の読み聞かせをしたら、普段より子どもの想像力が刺激されそうです。

DSC_3064
淡いブルーグレーの壁紙で上品にまとめた洋室。すべての洋室の床をダークブラウン、扉を白で統一しつつ、壁紙で雰囲気に変化を付けています。灯りは確保しつつも強い日差しが入るのを防ぐ細身で幅広の窓と、間接照明の灯りが室内を柔らかく照らします。

この事例を見た方は以下の事例も見ています