スタッフブログ

スタッフブログ

スタッフブログ

横浜注文住宅のビルドアートTOP > スタッフブログ

ここがヘンだよ日本の住宅        (第1回)日本の家の寿命

Date:2013年3月16日 / Category:コラム

みなさんこんにちは。ビルドアートの小倉です。

私からのブログ投稿は始めてとなりますが、「ここがヘンだよ日本の住宅」と称し、数回にわたって日本の住宅の抱えている問題点や、これからの家づくりについてみなさんと考えて行きたいと思います。

第1回目は、日本の家の寿命(耐用年数)についてのお話しです。

 

みなさんは日本の家の平均寿命をご存知でしょうか?

1996年9月号の業界研究「我が国の住宅政策と今後の住宅市場」/日興リサーチセンター『投資月報』によると、日本の住宅の耐用年数は30年しかありません。

それに対しドイツが79年、フランスが86年、アメリカが103年、イギリスが141年となっています。

また、平成8年「建設白書」/国土交通省(当時建設省)によれば、アメリカが44年、イギリスが75年であるのに対し、日本の家の平均寿命はなんと26年しかありません。(取り壊された建物だけを対象としているため、実際よりは短いものと考えられます。)

私が、建て替えのご相談をお受けしているなかでの実感としては、やはり25年~30年といったところでしょうか。

 

いずれにしても諸外国と比べて、あまりにも短すぎる日本の家の寿命。

 

住宅の構造材として使われる針葉樹は、伐期を迎えるまでに40~60年かかると言われています。

それよりもはるかに短いサイクルで家を建て替えている日本の現状は、何を意味しているでしょうか?

 

それだけではありません。

建物の解体や新築工事の際には、多量の産業廃棄物が発生します。

既に最終処分場(埋立地)の残余容量は枯渇化し、処分費の高騰は不法投棄の問題にもつながっています。

こういったことを踏まえた家づくりが、これからのスタンダードになっていくことでしょう。

次回は、日本の住宅はなぜ短命なのか?その理由について考えてみたいと思います。

 



 

 

 

施工中現場より (吹付断熱)

Date:2013年3月9日 / Category:施工例

こんにちは。

今回のブログは施工中現場より、

吹付断熱の状況です。

前にも吹付断熱について触れているのですが

丁度施工したばかりのS様邸をピックアップしてみました。

 

住宅の断熱材には、色々な種類があります。

グラスウール(ガラス繊維の綿の様なもの)

ロックウール(岩綿、石綿(アスベストとは別物です)

などの綿の様なものを壁内に入れるといったものが

今までは主流でした。

当社では、現場で吹付けて発泡する

吹付断熱材を採用しております。

現場で吹付けて、それがボワッと膨らむので、

その家のオーダーメイド断熱材と言っても良いと思います。

壁、小屋裏と隅々まで吹付け、膨らむので気密性が高く、

遮音にも効果が期待できます。



グラスウール、ロックウール等の他の充填工法に比べ

断熱欠損が少ないので、冷暖房費の節約にもつながります。



もちろん、

ホルムアルデヒド等の有害物質も含んでおりませんので、安心して選択して頂けます。

これから住宅断熱材の主流になっていく

吹付断熱のお話でした。

それでは。

 

K様邸 完成。

Date:2013年3月2日 / Category:施工例

こんにちは

だんだん、あたたかい日が多くなってまいりました。

2月27日に町田市のK様邸のお引き渡しを致しました。



この辺は最近宅地造成された所なのであちこちで

建設ラッシュが続いています。

中でもK様邸はホワイトベージュの外観で正面の石目調の外壁の

張り分けがアクセントになっていてとても若々しい印象です。

内部はというと・・

リビングが折り上げ天井になっていまして間接照明が施されています。



通常のフラットな天井に比べ空間をより広く見せる効果と

間接照明の演出に適しています。



TVキャビネットはDaikenのMiSEL(ミセル)というシステム収納です。

リビングの壁面にピッタリ無駄がありません。



リビングの5連の縦辷り窓は既製品の出窓ではなく

1つ1つを扇状に設置して出窓風に仕上げています。

これをボウ(弓)ウィンドウといいますが

ありがちな出窓と違って窓に均等な壁があるのと天井部分の

Rの形とが合わさって表情がとてもいいですね。



システムキッチンはタカラスタンダードのオフェリアと

いうシリーズですがワークトップにひと工夫。

輸入物の天然大理石を使用しています。

写真ではわかりづらいのですがキラキラと光っていてすごくステキです。

 

キッチンのすぐ脇に収納の扉。

こちらはウォークインクローゼットになっています。

クロークは寝室の傍だけではなくて こんなところにあったら・・



ちょこっとお出かけの際

わざわざ2階へ上着を取りに行かなくてもいいでしょうし

あと来客時のお荷物とか・・。

意外と置き場に困るものってありますよねぇ。

そんなことから

ココの収納スペースは多機能でとても便利だと思います
 

 

 

 

 

 

 

金沢区 T様邸 社内検査

Date:2013年2月23日 / Category:施工例

今回、ブログを担当させていただきます設計部 Nです。

先日、社内検査で横浜市金沢区のT様邸に行ってきました。

社内検査はお客様にお引渡しする前に社内スタッフによる検査です。

施工図と照らし合わせて社長、工事担当者、設計担当者が

ビルドアートの設計、施工をした建物としてお引渡しをする為、

細心の注意を払いながらチェックをしてきました。

 

私は仕上がりの写真を撮影してきました。。

2月2日のブログに掲載した建物の完成形です。



階段の手摺り完成しました!

造作の際、塗装にはこだわりました。クラシカルな艶消しに

仕上げています。

ダイニング上部の明るいロフトになります。



高窓からたっぷり明かりが入ります。

こちらがリビングになります。





お客様待望のオーディオサラウンドシステムの準備ができました。



シーリングファンが心地よく回ります。

暖房の温かさはもちろん、夏は冷房効果がUPして、快適そうですね!

         

社内検査で入念にチェックして、検査結果はこれからお引渡しにかけて

最終の詰め作業に反映されます。

そして、お引渡しの前にもお客様に現場で品質をご確認いただきます。

お客様の笑顔になっていただける空間になりますように!!

建築に携わらせていただいたスタッフ、職人の想いです。。。

現場より。

Date:2013年2月16日 / Category:日々の出来事

はじめまして。現場を担当しているSです。

本日初のブログを書きます!

私が担当している港北区の現場

こんな写真しかなくて・・・
すみません^^;



 

足場の解体が近づいております。

外壁職人さんと今日も現場で打ち合わせをしましたが、

この寒い季節に汗を流しながら作業しておりました。

どの職人さんも工期内に最高の仕上がりでお引渡しをすることを

一番に考える腕利きの職人さんばかりです。

いよいよ足場解体後、職人技の集大成が明らかになります。

お楽しみに。

金沢区T様邸

Date:2013年2月9日 / Category:日々の出来事

今回は

横浜市 金沢区のT様邸です。

2月下旬にお引き渡し予定のT様邸ですがこちらの写真は

先週のものでリビング部分です。

一瞬、壁が汚~いと思いがちですが

これは内装壁造作が終わりクロスを貼るためのパテが施されています。

石膏ボードの継ぎ目やビス穴をしっかりパテ埋めしてから壁紙を

貼らないと仕上りが良くないのです。



上部に見える化粧梁を利用して

オーディオには7.1chサラウンドシステムを配備します。

私自身・・こちらの分野にまったく無知なので

説明を聞いてもピンときませんでしたが、

どうやらその筋の方々からするとT様邸は音響効果にこだわりのある

リビングで完成が待ち遠しいワクワクのお宅なのです。

 

奥の一段上がったところは和室になります。

下の部分は引出し収納になっていてデッドスペースを

うま~く利用しています。

リビング&和室のリラックススペースと上部にロフトを備えた

食卓を囲むダイニングスペースが対角に配置されその空間の間に

オープン階段があるのです。



まだ施工していませんが、階段にはダイニングのロフト部分と同じ黒い手摺りが付き、

とてもスタイリッシュな感じに仕上がります。



みなさまにこんなステキなお宅を早く紹介したくてフライングで掲載しました
完成写真をおたのしみに。

完成イメージパース



 

–R.F

完了検査

Date:2013年2月2日 / Category:施工例

こんにちは。

今日はとても暖かいですね。

先月の28日に相模原市下溝のI様邸の完了検査

がありました。完了検査は文字通り

住宅の完成時に検査機関のチェックを受けるのものですが

こちらに合格となれば「検査済証」が発行され晴れて

金融機関の住宅ローンなどが実行されるワケです。

 

検査員の方が各部屋を回りI様邸の西側の2階に

入るなり「あったかい部屋だねぇ。暖房いらないね」と

おっしゃってました。この日はそこそこ寒かったのですが

ホントにあたたかくて思わず写真を撮ってしまいました。笑



天井が勾配になってる上部の2つの窓はFix(開かない窓)

になっていますが下の2つの窓は横辷り窓です。

その隣の大きな窓もFixで部屋がとても明るいんです。



この小さな窓は外の通りに面しているのでちょっとしたアクセントになり

ありきたりさを打ち消してくれてます。



 

 

 

 

 

U様からのお便り

Date:2013年1月26日 / Category:日々の出来事

川崎市のU様からのお便りがありました。

先日、ビルドアートから心ばかりのお祝いを送らせて頂いたところ

ご夫婦で喜んでくださいましてお写真付のメールをいただいたのです。



おくりもの・・というのが

壁に飾ってあるアジサイとクローバーのリースなんですがU様邸の

シックなお部屋にぴったりでしょっ。

ビルドアートの女子社員で決めました。

余談ですが・・アジサイはビルドアートがある相模原の市の花がアジサイなんです。

そして幸せを呼ぶクローバー。

U様邸に幸せが訪れますようにと願いつつ。

お写真は

前にご紹介している リビングのニッチ部分の写真なのですが

メタルのフォトフレームと両サイドのナチュラルなオブジェが

ニッチの空間を上手につかわれているなぁ・・と感じました。

ニッチは「埃がたまるから・・・」と敬遠しがちですが

壁をうまーく使って演出すればとても感じがイイものです。

 

 

W様邸 

Date:2013年1月18日 / Category:施工例

今回は町田市

W様邸のお引き渡し直前のお写真です。

W様邸の特徴は、対面キッチンの裏側に設置された

ストックスペース(パントリー)。



大量に食品や日用品を収納することが出来ます。

キッチンの作業スペースにはゆったりとした奥行があるため広々として

とても使いやすくなっています。



キッチンへは、通路側、窓側の両方から出入りができ、動線がぶつからないので

効率がよくスマートです。

また通路側のクローゼットもたっぷり収納できるのです。(スバラシイ)



主婦の立場から言うとやっぱり収納はとても重要!

しかも、大量にお買い物をしたものを出来るだけ少ない動作で仕舞いたいものです。

買い出しはかなり体力も消耗しますし、帰ってきてささっと仕舞えたら

その後の家事のテンションも上がりますよね。



ダイニングの吹き抜けです。

普通、

玄関入って目の前のホール辺りに吹き抜け・・というパターンが

多いんですがW様邸ではダイニングの頭上に吹き抜けがあるのです。

利点はとても明るいこと。

通常広いリビングダイニングにぽっかり開口を設けると

あたたかい空気が逃げてしまい、冷えてしまいますがW様邸

は高断熱設計のため、このような新しい発想が可能なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

新年あけましておめでとうございます。

Date:2013年1月10日 / Category:日々の出来事

平成25年1月5日

仕事始めの安全祈願に二宮神社へ行って参りました。

スタッフ全員 健康で皆様の「家づくり」に誠心誠意努めることを

決意新たに祈願致しました。



今年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

このページのトップへ