スタッフブログ

スタッフブログ

トップページ > スタッフブログ

HOMES EXPO2016に参加致しました。

Date:2016年11月25日 / Category:日々の出来事

皆様、こんにちは。広報の服部です。

昨日は11月には珍しく雪が振りましたね。積りはしませんでしたが、路上の凍結にお気をつけください。

さて、昨日、東京スクエアガーデンにて開催された「HOMES EXPO 2016」に私服部が参加致しました。


%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_000


内容

■第1部

スターバックス元CEOによる講演

■第2部

・綺麗な家の外観、内観の写真の撮り方
・地域工務店の今後のマーケテイングについて

非常に有意義なセミナーで、私も今後、皆様にわかりやすく綺麗な写真をお見せできるよう精進していくしだいでございます!

是非、今後もブログをチェックしていただき、「お、写真良くなったな」と皆様に思っていただけるようがんばります!


また、ビルドアートはSUUMOにも情報が盛りだくさんです。是非ご覧ください!

SUUMO

エコ住宅に建て替えると、「30万円」の補助金が国から支給されます!

Date:2016年11月12日 / Category:コラム

皆様、こんにちは、広報の服部です。

最近は、お客様とお話できる機会が増え、楽しく毎日を過ごさせていただいています!

さて、本日のブログは、「エコ住宅」に建て替えると、なんと国から

「30万円」

の補助金が支給されるというお話です。(※諸条件があります)

今年、平成28年10月11日の補正予算にて、「住宅ストック循環支援事業」が成立しました。

■事業名称

「住宅ストック循環支援事業」

■事業の目的

既存住宅流通・リフォーム市場の活性化を目的とする

■事業予算額

250億円

この「住宅ストック循環支援事業」の中でも、ビルドアートは「エコ住宅への建て替え」という分野に該当します。

「エコ住宅への建て替え」とはどういうことなのか。

この「住宅ストック循環支援事業」は、お家がいつ建築されたものなのかということが非常に重要な要素になります。

「昭和56年6月1日以前」


この年月日以前に建築された家を、建て替えて、「エコ住宅」にする場合に、国から補助金が出るという仕組みです。

どんなハウスメーカーや、工務店が建てても「補助金」がもらえるわけではなく、「住宅ストック循環支援事業者」として登録を許可された会社で立てた場合のみ、「補助金」がもらえます。

詳しい条件に関しては、

国土交通省「エコ住宅への建て替え」

こちらを御覧ください。

もし、①昭和56年6月1日以前の住宅にお住まいで、②エコ住宅をご検討中の場合、是非、「住宅ストック循環支援事業者」であるビルドアートにご相談ください。

こちらの「補助金」は、期間が限られていますので、是非お早めにご検討ください。


Tel:042-705-8011

資料請求はこちらから



また、ビルドアートはSUUMOにも情報が盛りだくさんです。是非ご覧ください!

SUUMO



ビルドアートの事務所はこんな場所です

Date:2016年10月14日 / Category:日々の出来事

皆様こんにちは!

広報の服部です。皆様、急に寒くなって体調を崩されていないでしょうか。温かい飲み物を飲んで、体を温めましょうね。

さて、本日は、ビルドアートの社内打合せスペースについてのお話です。

HP上にも紹介はありますが、写真が小さくて分かりにくいですよね、、、、

ですので、今回のブログでもう少し詳しくビルドアートで実際打合せをすることを思い浮かべていただきながら、紹介したいと思います。

資料請求をしていただくと、こちらの資料がお手元に届きます。

注文住宅 神奈川 相模原

こちらをご覧いただいて、実際に打合せへと進むと、お客様のご自宅orこのビルドアートの事務所で打合せがおこなわれます。

まずは入口です。

入口にはいると、最初に目に入ってくるのが、この「Build Art」のロゴです。

ビルドアートは木造の注文住宅を造っている会社なので、壁も当然木目です!

img_0052


次に、事務所の真ん中には、こちらのスペースが登場します。

これらの家具は、インテリアコーディネーターにより厳選されたものです。

後ろにあるモニターで実際に建つ家の3Dイメージなどを使い、お打合せをしていきます。

img_0058

さらに、左に移りますと、こちらの「ファミリースペース」があります。

お子様も参加してのお打合せも多いので、こちらのスペースは、特に小さいお子様がいらっしゃるご家族に大好評です。

img_0053


「ファミリースペース」には、こちらの珪藻土でできた隠れ家のような、お子様がビデオを視聴したり、おもちゃで遊んだりてきる空間があります。

角が無く、丸みを帯びたデザインが柔らげで、とってもお洒落です!

img_0054


さらに、こちらのファミリースペースには、家庭の電気を一括見えるかできる、「HEMS」も設置されております。

ブログでも何度か紹介させていただいた、ZEHに欠かせないこの「HEMS」を、実際にタッチパネルを触りながら体感することができます。

img_0055


そのお隣に目を向けると、造作の小物を飾れる棚があります。このタイルとガラスの棚による収納スペースは、奥様に大変人気で、実際に取り入れていただくこともたくさんあるんです!

img_0056


真ん中から右に位置するのが、こちらの丸い机が特徴的なスペースです。

ビルドアートの社内のミーティングもよくここで開催されます。丸いテーブルは、どの位置にいても全員と繋がっている感覚になるので、とても活発な議論が展開されます。

img_0057

こちらのスペースの後ろには収納があるのですが、中を開くと、こんな風にたくさんの「サンプル」が入っています。ここで実際に、家の内壁、外壁、屋根などの素材を触って頂き、よりイメージが固まりやすくなります。

img_0060
いかがでしたでしょうか。

ここまで「ビルドアート」の事務所を紹介させて頂きましたが、皆様何か気が付かれたことはありませんか?…….

これら「ビルドアート」のスペースは、様々な「素材」がミックスされて作られているんです!!

(写真ではわかりませんよね………)

自然素材である珪藻土や、外壁に使われるジョリパッド、無垢材、など様々な素材がミックスされ、ビルドアートの事務所は構成されています。

お客様一人一人が抱かれている、「夢」をさらに膨らませ、インスピレーションを受けてもらうには、もってこいの場所なのではないでしょうか。

是非、皆様、お気軽にお電話、資料請求をしていただき、こちらのスペースでお会いしましょう!!


Tel:042-705-8011

資料請求はこちらから



また、ビルドアートはSUUMOにも情報が盛りだくさんです。是非ご覧ください!

SUUMO

お引渡し現場シリーズ 10月

Date:2016年10月8日 / Category:施工例

皆様、こんにちは。広報の服部です。

本日はお引渡し現場の様子をご紹介します。

本日もどうぞお付き合いください。

まずはリビングです。

ウッドデッキと繋がったこちらのリビングは、開口部も大きく取り、採光を考えた設計になっています。
img_0047


ウッドデッキです。リビングと直結しているので、夏などにはこのウッドデッキでもお食事ができてとってもいいですよね。
img_0043


こちらのリビングには、造作の収納スペースが設けられています。
img_0040

こちらの収納スペースの「棚」ですが、透明な棚を採用する理由は何か皆様お分かりになるでしょうか。

1つは、もちろん圧迫感のないスッキリとしたデザインのためです。
もうひとつの理由は、ライトの光が、透明な棚なので一番下までとどいてとてもきれいに見えるからです。

リビングの横にあるこちらの和室は、動線が非常に考えられた設計となっています。玄関からリビングにはいってすぐに和室に入れる+リビングとも通じている+2階への階段にすぐ行ける+洗面にもすぐ行ける。というすべての動線を加味した設計になっているのです。

img_0044

ビルドアートの経験豊富な設計士による設計は、本当にこの「動線」に関して多くのお客様からお喜びと感心のお言葉を頂いております。
お洒落なだけでなく「機能的」であることは家づくりにおいて基本であると同時に重要な事項なのです。

次はキッチンです。こちらのキッチンは対面式でリビング全体を見渡せると共に、やはり「動線」の面でも、洗面バスルームにそのまま行くことができます。
お子様が小さいうちは、キッチンで作業しながら目配りできるのは本当に良いですよね。

img_0039

バスルームです。床部分は、冬場でも温度が下がりにくい仕様になっているので、ヒートショックなどから身を守ることができます。

img_0046

2階に上がるとこちらの部屋が登場します。この部屋は、屋根裏収納ともう一つ特徴的な部分があります。それはこの広々としたウォークインクローゼトです。
チェストなどを置かなくても、これだけの収納空間があれば、部屋をすっきりと見せることができてとってもいいですよね。

img_0034

img_0032


お子様の部屋は、とってもかわいいお花柄の壁紙を取り入れ、楽しい空間にしました。

img_0036

最後に外観です

img_0059

いかがでしたでしょうか。

もちろんお洒落でかっこいい、かわいいも家は心惹かれます。しかし、お洒落なだけではなく、それと同時に「機能的」であることが、生活の場である「家」では非常に重要な要素です。

ビルドアートの設計士は、この2つの要素を同時に実現するプランを大得意としてます。


また、ビルドアートはSUUMOにも情報が盛りだくさんです。是非ご覧ください!

SUUMO

お問い合わせ&資料請求

お電話でのお問い合わせ&資料請求TEL.042-705-8011

メールでのお問い合わせ&資料請求

お問い合わせ&資料請求

このページのトップへ